[シドニー 5日 ロイター] - オーストラリア・ニュージーランド(ANZ)銀行<ANZ.AX>が5日発表した新聞とインターネットによる1月の豪求人広告件数(週平均)は、前月比6.2%増の17万7961件となった。増加率は2010年2月以来の高水準。

ここ数カ月の雇用の急速な伸びにもかかわらず、需要が引き続き健全なことが示唆された。

昨年12月の件数は前月比2.7%減だった。

1月は前年比では13.8%増。増加率は2011年以来の高水準。

ANZの豪経済担当責任者デービッド・プランク氏は「12月にやや減少した後だけに、1月の求人広告の力強い回復は心強い」と述べた上で、「1月の回復は事業環境、設備稼働率、雇用環境に関する他の調査の強い内容と一致している」と指摘した。