[東京 5日 ロイター] - 安倍晋三首相は5日午後の衆議院予算委員会で、再び物価が下落する状況に戻ることがないとは言い切れないとし、現段階では「デフレ脱却とはいえない」と語った。日銀が掲げる物価2%目標は妥当とし、日銀に大胆な金融緩和の継続を求めた。津村啓介委員(希望)の質問に対する答弁。

首相は、日銀による大規模な金融緩和をはじめとしたアベノミクスの推進によって「もはやデフレではない状況を作り出すことができた」との認識を示し、経済の好循環は「着実に回り始めている」と語った。

もっとも、デフレ脱却に関しては、「まだこの段階においては、物価が持続的に下落する状況に戻る見込みがない、ということまで言い切れない」と指摘。「純粋にマクロ経済をみていく中では、デフレ脱却とはいえない」とし、「今後とも日銀が2%の物価安定目標の達成に向けて大胆な金融緩和を着実に推進していくことを期待している」と述べた。

日銀が掲げる物価2%目標については「一種のグローバルスタンダードにならっており、妥当性のある目標」とし、「2%に向けて黒田総裁がしっかりとした手段を表明したことで、市場の空気が大きく変わった」と評価した。

(伊藤純夫)