[ソウル 5日 ロイター] - 韓国国会の情報委員会に所属するKim Byung-kee議員は5日、北朝鮮が昨年、韓国から数十億ウォンの仮想通貨を盗み、現在も取引所へのハッキングを試みていると述べた。

同委員は「北朝鮮は仮想通貨取引所とその顧客の個人情報へのハッキングが可能なメールを送り付け、数十億ウォン相当(の仮想通貨)を盗んだ」と述べたが、どの取引所がハッキングされたかには言及しなかった。

また、韓国の情報機関が北朝鮮は引き続き仮想通貨を盗むためにサイバー攻撃を仕掛けていると想定し、さらなるハッキングを防ぐために最善を尽くしていると語った。