[ワシントン 5日 ロイター] - 米ホワイトハウスのサンダース報道官は5日、株価が急落したことを受けて、経済のファンダメンタルズは「非常に強い」との声明を発表した。

「大統領が焦点を当てているのは、依然として非常に強い長期的な経済のファンダメンタルズだ。経済成長は力強さを増し、失業率は歴史的低水準にあり、労働者の賃金は上昇している」と強調した。

その上で「大統領の減税と規制改革が経済をさらに強力にし、米国民の繁栄を促す」と主張した。