[リマ 5日 ロイター] - ティラーソン米国務長官は5日、11カ国で合意した環太平洋連携協定(TPP)にトランプ大統領が関心を持っていると述べた。

ペルーを訪問中の同国務長官は記者会見で「われわれは(TPP11を)完全に拒否したわけではない。一方で西半球の多くの国と既に強力な自由貿易協定(FTA)を締結しており、これらを十分に活用していく」と述べた。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)