[東京 6日 ロイター] - 麻生太郎財務相は6日の閣議後会見で、足元の市場動向について「私からどうのこうのと言うつもりは全くない」と述べた。前日の米国株式市場は、ダウ工業株30種が一時1600ドル近く下げ、外為市場も荒い値動きとなった。麻生財務相は市場の動きに関するコメントを避ける一方、「企業の業績は良くなったのではないか」とも述べた。

(梅川崇)