[東京 7日 ロイター] - 菅義偉官房長官は、7日の取引で株価が反発したことについて「株価の日々の動向についてコメントするのは差し控えたい」と述べた。同日午前の記者会見で語った。「世界経済は堅調で、日本の企業収益も過去最高となっており、経済の好循環は確実に回り始めている」との認識も重ねて示した。

菅長官はまた、ロシアが北方領土で軍事演習を始めたことを受け、6日夜、ロシア側に外交ルートを通じて「わが国の立場と相いれず、遺憾であり、抗議を申し入れた」ことを明らかにした。