[北京 7日 ロイター] - 日産自動車<7201.T>と中国の合弁先である東風汽車集団は、今年1年に中国で160万台以上の販売を目指している。合弁会社の関潤総裁(日産専務執行役員)がロイターとのインタビューで述べた。

昨年の中国での販売台数は152万台だった。

160万台の目標は5.3%の伸びとなり、中国市場全体の公式予想を上回っているが、昨年の合弁会社の実績(12.2%増)は下回っている。

関総裁は、目標を公式に発表してはいないが、販売店などに今年は160万台超の売り上げを目指していると伝えてきたことを明らかにした。

日産は中国での販売目標について、中国での1月販売台数発表が見込まれる7日中にも公表する可能性がある。

日産の第3・四半期決算は8日に発表される。