HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

第3相臨床試験がスタート
胃がん腹膜播種に希望の光
経静脈・腹腔内併用療法

井手ゆきえ [医学ライター],-週刊ダイヤモンド編集部-
【第78回】

 早期発見・早期治療が定着し、全体の生存率が年々改善されている胃がん。しかし、この「治りやすい」胃がんも、進行・再発がんのステージに入ると一転して「治りにくい」がんに変貌する。特にがんの塊が胃壁を突き破り、お腹の中にがん細胞を播(ま)き散らす「腹膜播種」のタイプは、厄介のひと言につきる。胃をすべて摘出したとしても、腹腔内に散らばったがん細胞に対処する術はなく、腹膜播種と診断された後は余命数ヵ月と告げられることも少なくない。

 この暗黒にひと筋の光が差したのは1999年、日本発の飲む抗がん剤「TSー1(Sー1)」が登場し一定の効果が報告されてからだ。その後、他剤との併用で進行胃がんの患者の生存期間を延長することが証明され、現在はTSー1単独あるいは抗がん剤の「シスプラチン」との併用が標準治療とされている。ただ、「腹膜播種の場合、今の“標準”治療では半年~1年の延命効果が期待できるにすぎない」(腫瘍内科医)ため、次の一手を模索する日々が続いた。

 こうしたなか、東京大学腫瘍外科のグループは、お腹に設置したポートから腹腔内に直接、抗がん剤を注入する方法を考案。胃がんの治療で使われる抗がん剤の「パクリタキセル」の腹腔内投与に、同じパクリタキセルの点滴静注とTSー1の内服を加えた方法で臨床試験を行った。その結果、1年生存率78%、2年生存率は47%という良好な成績が示された。腹腔内に散らばったがん細胞が縮小、消失した症例も報告されている。

1 2 >>
関連記事
このページの上へ

井手ゆきえ [医学ライター]

医学ライター。NPO法人日本医学ジャーナリスト協会正会員。証券、IT関連の業界紙編集記者を経て、なぜか医学、生命科学分野に魅せられ、ここを安住の地と定める。ナラティブ(物語)とサイエンスの融合をこころざし、2006年よりフリーランス。一般向けにネット媒体、週刊/月刊誌、そのほか医療者向け媒体にて執筆中。生命体の秩序だった静謐さにくらべ人間は埒もないと嘆息しつつ、ひまさえあれば、医学雑誌と時代小説に読み耽っている。

 

週刊ダイヤモンド編集部


専門医の監修を得て、あなたの症状に潜む病気の可能性を検証。カラダのアラームをキャッチせよ。


カラダご医見番

ハードワークのストレスに加え、飲酒や脂っこい食事。ビジネスマンの生活習慣は健康面からは実にハイリスクです。痛い・苦しい・痩せた・太った・イライラする…。そんな症状はどのような病気の兆候なのか?どんな治療が有効なのか?いきいきと働き続けるために、身体と病気に関する正確な知識が欠かせません。

「カラダご医見番」

⇒バックナンバー一覧