[7日 ロイター] - <ロンドン株式市場> 7営業日ぶりに反発して取引を終えた。世界的な連鎖株安に歯止めがかかり、前日につけた10カ月ぶりの安値から持ち直した。

世界的に株価が下がる中で特に売り込みが集中した金融株がこの日、FT100種を最も大幅に押し上げた。金融株は他の部門と比べ値動きが激しい傾向がある。HSBC<HSBA.L>とロイズ・バンキング・グループ<LLOY.L>、バークレイズ<BARC.L>、プルーデンシャル<PRU.L>、オールド・ミューチュアル<OML.L>は1.7%から5.4%上昇した。

前日に大幅安となった投資信託のスコティッシュモーゲージ・インベストメントトラスト<SMT.L>は6.6%上昇。前日の値下がりを全て取り戻した。同社はアマゾンやテスラの株式の保有率が高く、米国株式市場でハイテク銘柄に売り物が集中したことが重しとなっていた。

ロンドン株式市場:[.LJP]

<欧州株式市場> 8営業日ぶりに反発して取引を終えた。米国株式市場で株価が持ち直したことで買い安心感が広がった。前日に過去最大の上昇率を記録した投資家の不安心理の度合いを示すユーロSTOXX50ボラティリティ指数<.V2TX>はこの日、30%近く低下し、21.4となった。

全ての部門がプラス圏で取引された。STOXX欧州600種指数<.STOXX>は、フランスの大統領選でマクロン氏が当選した2017年4月以来の大幅上昇となった。ただこれまでの世界的な株安を経て、年明けからは依然として約2.2%安となっている。

この日は決算発表が材料視された。スウェーデンの炭素繊維部材メーカー、ヘキサゴン<HEXAb.ST>は10.0%上昇。第4・四半期のコア利益が市場予想を上回ったことが好感された。

欧州株式市場:[.FJ]

<ユーロ圏債券> ドイツの新しい連立政権で、社会民主党(SPD)が財務相ポストを確保する見通しと伝わり、ユーロ圏金融・債券市場で南欧債利回りが低下した。

より高い格付けを得た国の債券に対し、南欧債債券がアウトパフォームする動きが拡大した。

ドイツのDPA通信によると、ハンブルク市長のオーラフ・ショルツ氏(SPD)が財務相に就任する見通しだ。SPDは緊縮財政より支出を増やす傾向があり、メルケル首相率いるキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)のショイブレ前財務相が実施した厳格な財政政策から離れる可能性がある。

ドイツ10年債利回り<DE10YT=RR>が4ベーシスポイント(bp)急上昇して0.67%。対照的に周辺国債券の利回り<ES10YT=RR> <PT10YT=RR> <IT10YT=RR>は4━8bp低下した。これに伴い、イタリアとドイツの10年債利回り差は119bpと、2016年9月以来の水準に縮小した。

ユーロ圏金融・債券市場:[DE/BJ]