[ホノルル 7日 ロイター] - 米サンフランシスコ地区連銀のウィリアムズ総裁は7日、米経済は緩やかな金利上昇に対応できるとの見方を示し、最近の市場の動揺を受けても自身の政策・経済見通しは根本的に変わっていないと述べた。

総裁は記者団に対し「米経済は緩やかな金利上昇に明らかに対応できる」との見方を示し、「景気が過度に減速するという下振れリスクはそれほど懸念していない」と述べた。