Mogura VRは2月16日、東京・渋谷ヒカリエにて「海外の映像系VR サンダンス映画祭報告会」を開催する。『サンダンス映画祭2018』のレポートを中心に、VRクリエイティブスタジオ「eje」の待場勝利氏が、VR映像作品におけるストーリーテリングの「進化」について語る。

mogura

 サンダンス映画祭2018は1月にアメリカ・ユタ州で開催されたイベント。これまでも「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」など、多くのインディー映画の知名度を上げてきた映画祭であり、2016年からVR作品も参加するようになった。サンダンス映画祭2018では数々のVR作品が展示され、宇宙がテーマのシリーズVR作品「Spheres」が1億円以上の価格で落札されるなど、注目を集めた。

 2017年には、“世界三大映画祭”と名高い『ヴェネツィア映画祭』でもVR作品が一部門として加わり、米国テレビ芸術科学アカデミーが主催する『エミー賞』では2016年からVR作品が受賞を続けている。このような背景をもとに、海外で起きているVR映像作品のストーリーテリングの「進化」について語る。

 映像系VR作品について海外動向の最新の知見や、整理された知識を得る機会となる。VR映像作品に携わる方や、映像業界でVRに関心のある方、VR業界、特に映像系の動向に関心のある方は、足を運んでみてはいかがだろうか。

日本は後れているのか? VR映像プロデューサーが見た海外の映像系VR サンダンス映画祭報告会

開催日時
 2月16日(金) 19時30分~21時30分

場所
 渋谷ヒカリエ34階(東京都渋谷区渋谷2丁目21-1)

参加費用
 3000円(20名限定で早割2000円)

募集人数
 最大100名程度

主催
 株式会社Mogura

会場協力
 KDDI株式会社

申込方法
 登録ページの「チケットを申し込む」より参加登録可能。