30年以上前に発売された、往年のトミー製ゲームパソコン「ぴゅう太」向けの新作ゲームソフトが登場。家電のケンちゃんにて全8タイトルが入荷したが、なんと早々に完売してしまった。

ぴゅう太
ぴゅう太
なんと本体の発売から30年以上経った2018年になって、「ぴゅう太」向けの新作ゲームが発売に。いずれもこの直後に完売してしまった

 ぴゅう太は、トミー(現タカラトミー)が1982年に「パソコンとしても使用できるキーボード付きのゲーム機」として発売したゲームパソコン。任天堂のファミコン(1983年発売)と販売時期が重なったことから、数年で撤退に追い込まれた機種だが、なんと2018年になって新作のソフトが発売されることになった。

 手がけたのは同人サークルの「ぴゅう太買えや」で、メディアは懐かしのカセットテープだ。発売されたのは、迷宮をさまようアクションゲーム「ザナぴゅう」や迷路の床をスミで塗りつぶす「Splapyuun」など、全8タイトル。日本語G-BASIC(初代機)専用のソフトで、後継の「ぴゅう太mk2」などには対応しない。

ぴゅう太
ぴゅう太
メディアはカセットテープで、全8タイトルのゲームが同時発売。ちゃんと稼働するぴゅう太を持っている人が大勢いることにもビックリだ

 ショップによれば「全部まとめて購入したい」というリクエストが多かったとのことで、入荷から早々に完売となった。買い逃してしまった人は、次回入荷に期待しよう。なお、ソフトの価格はいずれも700円となっている。

【関連サイト】

【取材協力】