[国連 8日 ロイター] - 国連安全保障理事会の委員会は8日、北朝鮮が平昌冬季五輪開会式に派遣する予定の崔輝(チェ・フィ)国家体育指導委員長について、渡航を禁じた安保理制裁の例外措置として訪韓を認めることを決めた。

北朝鮮は五輪開会式に、金正恩朝鮮労働党委員長の妹・与正氏を含む高官級代表団を派遣する予定で、韓国は受け入れに向けて同安保理委に承認を求めていた。代表のうち、崔委員長のみが渡航禁止と資産凍結の対象に指定されていた。

韓国の国連代表部は同委に対し、北朝鮮代表団は9日の開会式に出席し、11日まで滞在する見通しだと説明した。