[ワシントン 8日 ロイター] - 米下院の民主党議員は8日、今後10年間の新たなインフラ投資について、1兆ドルの政府支出を提案した。トランプ政権が求めるとみられる政府支出額の5倍に当たる。

トランプ大統領は来週12日に今後10年間のインフラ改善計画を発表する予定。同計画では2000億ドルの連邦予算を呼び水に、少なくとも1兆5000億ドルのインフラ投資を生み出す方針。

ただ民主党議員はより多くの政府支出を要求。学校向けのみで1000億ドルのほか、インターネットサービスの地方拡大、空港・公共交通機関・道路・港湾などの改修、エネルギー効率の引き上げ、老朽化した水道システムの改善などに数十億ドルを充てるとした。

民主党のペロシ下院院内総務はトランプ政権の計画に「失望」したと言い、連邦予算が少な過ぎると指摘。地方自治体に負担を押し付けていると述べた。