[ソウル 9日 ロイター] - 韓国の企画財政省は9日、月次経済見通しを発表し、雇用の伸びは引き続き弱いものの、輸出と投資の改善を背景に国内経済は回復を続けるとの見通しを示した。

同省は、メモリチップの輸出は、世界的な需要の増加により、堅調な伸びが見込めると指摘。ただ、若年層の雇用の伸び悩みが全般的な成長の足かせになるとの見方を示した。

韓国の2017年12月の若年層の失業率は9.2%で、前月の8.4%から悪化した。