[メキシコ市 8日 ロイター] - メキシコのグアハルド経済相は8日、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉における自動車貿易の「原則地規則」について現実的になる必要があるとし、62.5%以上とする現行の域内調達比率は変わるとの見方を示した。

ただトランプ政権が提案している85%にすることは出来ないと述べた。