[ニューヨーク 9日 ロイター] - JPモルガンは9日、つなぎ予算を盛り込んだ予算法案が同日、成立したことを受け、2018年と19年の米経済成長見通しを上方修正した。

JPモルガンのエコノミスト、マイケル・フェロリ氏はリサーチ・ノートで、米経済成長率は18年は2.6%、19年は1.9%と予想していることを明らかにした。従来予想は18年が2.2%、19年が1.6%だった。

米連邦準備理事会(FRB)の利上げ回数については、18年は4回、19年も4回となるとの見方を示した。