今週発表&発売された「HUAWEI nova lite 2」は、税抜2万5980円というSIMフリースマホのボリュームゾーンとも言えるファーウェイの新端末。製品名的には「HUAWEI nova lite」の後継機となり、MVNOからのセット販売限定という点も共通だが、海外では「HUAWEI P Smart」という名称が用いられているなど、デザインなどで必ずしもイメージが継承されているわけではない。

11
ファーウェイの新ミドル機「HUAWEI nova lite 2」。縦長で5.65型はコンパクトさも感じられる、ちょうどいいサイズという印象だ
11
ブルーのカラバリの実機。金属素材を活かしたシンプルなデザイン

 HUAWEI nova liteの最大の魅力は価格を大きく上回るような機能と性能だ。特に注目はディスプレーとカメラ。ディスプレーはハイエンド機で採用例が増えている、18:9の5.65型液晶を採用。縦長であることで横幅は72.05mm。上下の額縁も小さく、縦も150.1mm。ともに5.2型クラスのサイズだ。1080×2160ドットとフルHDオーバーの解像度を確保し、表示も明るく、不満はまったくない。

11
11
注目はやはりデュアルカメラ。そして背面には指紋センサーも。側面まで一体化された筐体が採用されている
11
11
右側面に電源とボリュームキー。下部にmicroUSB端子

 カメラはリアに13メガ+2メガのデュアルカメラを搭載する。このうち後者は被写体深度を測定するのに用いられる。同社ハイエンド機のようにLeicaレンズではないわけだが、ワイドアパーチャやポートレートといった撮影モードが利用でき、撮影後のフォーカス位置や絞りの数値を変更することにも対応している。

 そのほかの主なスペックは、SoCにKirin 659(2.36GHz+1.7GHz、オクタコア)、3GBメモリー、32GBストレージ、3000mAhバッテリーと不満がない内容。タッチ式の指紋センサーは背面に搭載。また、OSはすでにAndroid 8.0で、独自UIもEMUI 8.0と最新バージョンが採用されている。

11
11
ナビゲーションバーはボタンの位置変更のほか、左端をタップして一旦消すようにできる設定も可能(再度出すには画面下部から上にフリックする)

 ネットワーク面ではLTEの対応バンドが1/3/5/7/8/19/20とやや少なめで、DSDSやauネットワークにも対応しない。また、無線LANも2.4GHzのIEEE802.11nまで。カラバリは記事内のブルーのほかに、ブラック、ゴールドの3色が用意されている。

 DSDSの非対応など不満点がないわけではないものの、ファーウェイ製端末らしい高い完成度で、かつコスパも非常に優れている。2万円台のSIMフリースマホでは、新たな決定版となる1台だろう。

11