年初にプラスワン・マーケティングからMAYA SYSTEMに事業譲渡されて、再出発したFREETELの端末事業。先週、久々の新製品となる「REI 2 Dual」「Priori 5」が発表された。発表会での写真を中心にレポートしよう。

11
デュアルカメラにSnapdragon 625、ガラス素材を用いたデザインと生まれ変わったFREETELの新ミドル機「REI 2 Dual」

デュアルカメラ搭載など、ミドルハイの性能になった
「REI 2 Dual」

 MAYA SYSTEMへの移行時期やシリーズ名からもわかるように、2製品ともプラスワン・マーケティング時代から開発が進められていた端末だ。発表会で説明されていたのが、「オリジナル端末」という点。従来のFREETELスマホは、開発に日本側が関わっていた部分もあるが、基本的にはODMが提案したモデルがベース。今回は日本側が開発・設計を行ない、EMSに委託して製造したとのことだ。

11
ブルーのカラバリは特に光の反射が目立つ

 新製品の1機種目は「REI 2 Dual」(ちなみに名称に「SAMURAI」は付かない)。デュアルカメラを搭載するなど全体的なスペックは高く、税抜2万円台のミドルクラスだった前モデルと比較すると、もう少し上のミドルハイに位置づけられる。価格も税抜3万6800円だ。

 画面サイズも5.5型(フルHD)と一回り大きくなったほか(前モデルは5.2型)、背面全体がガラス素材で覆われるなどイメージが大きく変化している。また、背面から左右側面かけては緩やかな曲面になっている。他社にもあるようなデザインという印象は正直否めないが、全体的な完成度はなかなか高い。

11
11
写真でもわかるようにテカテカ系で指紋は若干目立ちやすい
11
11
背面から側面へのなだらかな曲線などデザインの完成度はなかなか。側面もカラバリに合わせた色だ
11
11
USB端子はType-C。DSDS対応だが、SIMスロットの片方はmicroSDと排他仕様

 また、同社のスマホはMediaTek製チップ搭載機が主流だったが、今回はZ後述するPriori 5とともにSnapdragonシリーズが採用されている。これはゲームをプレイするユーザーからの意見を反映したとのこと。REI 2 DualにはSnapdragon 625(2GHz、オクタコア)を搭載。このクラスでは定番のものだ。メモリー/ストレージも4GB/64GBと十分な容量が搭載されている。

 注目はやはりカメラ。ソニー製センサー(IMX258)による13メガ×2で、RGB+モノクロの組み合わせ。これは写真の質感を優先してとのこと。背景をボカしたり、撮影後に焦点位置や絞りを変更できるモードは「ボカシモード」と一目でわかる名称。操作も簡単だ。「ナチュラル美顔モード」も“ナチュラルさ”を優先する日本の女性向けに、厚塗り感がない処理を施しているという。操作も含めて、日本向けのわかりやすさが重視されているという感じだ。

11
11
「ボカシモード」ではデジタル絞りがF0.9から設定可能だった。撮影後でもフォーカス位置などの変更は可能

 ネットワーク面もなかなか強力で、LTEの対応バンドは1/2/3/4/5/7/8/12/17/18/19/20/26/28/41と比較的多く、さらにauを含む国内主要キャリアのVoLTEをサポート。2波のキャリアアグリゲーションやDSDSにも対応している。

 カラバリはブラック、ブルー、ホワイトの3色。前面や側面もそれぞれのカラバリに合わした色となっている。発売日は2月16日。

11
11
11
11
こちらはブラック
11
11
11
11
つづいではホワイト
11

FREETEL伝統のエントリーシリーズ「Priori 5」
性能は抑えめながらDSDSに対応

 続いてはFREETELでは長らく続いてきたエントリーモデル「Priori」シリーズの最新モデル「Priori 5」。価格は税抜1万6800円で、スペック的には低めながら、DSDS対応に7色の背面パネルが同梱と興味深い要素もある1台だ。発売日は2月23日。

11
エントリー機の「Priori 5」も登場
11
比較的コンパクトでシンプルなデザイン

 まず画面サイズは5型(解像度は720×1280ドット)で、横幅は約70mmと比較的コンパクトなサイズが維持されている。また、Priori 4では非対応だったバッテリー交換に対応。容量こそ2300mAhと少々少なめだが、こちらもユーザーの声に応えた仕様とのこと。

11
11
カメラは8メガ、インカメラは5メガと高性能ではないが、ナチュラル美顔モードなどは利用できる
11
11
カバーを取り外すと交換可能なバッテリーとともに、nanoSIMとmicroSDのトリプルスロットが

 そのほかのスペックは、Snapdragon 210(1.1GHz、クアッドコア)、2GBメモリー、16GBストレージ、8メガカメラ(イン5メガ)、Android 7.1など。エントリークラスの性能であることは間違いないので、ある程度割り切った使い方が必要になるだろう。

 ただ、前述したとおりにDSDS対応に加え、nanoSIM×2とは別にmicroSDスロットがある点、マットブラック/パールホワイト/シャンパンゴールド/レッド/メタルグリーン/スカイブルー/ピンクゴールドと7色のカバーが同梱されている点、さらにバッテリー交換が可能、aptX対応(これはREI 2 Dualも同じ)などの特徴もあるので、こういった点に魅力を感じるなら買いと言えるだろう。

11
11
やや大きめのパッケージには7枚の背面カバーが同梱されている

■関連サイト