[ロンドン 12日 ロイター] - イングランド銀行(英中銀)のマカファーティー金融政策委員は12日、英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)交渉とそれに伴う英国の信認への影響によって、中銀の追加利上げ見通しが軌道を外れる可能性があるとの見解を示した。

マカファーティー委員はLBCラジオに対し「中銀の決定は経済動向に基づく。現時点でかなりの不透明性が存在するものの、英経済は持ちこたえている。世界経済も、われわれを含め多くが半年もしくは1年前に想定していたよりも好調に推移している」と語った。

同時に「ブレグジット交渉や、それに伴う企業・消費者信頼感への影響の可能性を巡る不透明感は高い。そのため、われわれは経済指標を注視し、月ごとに決定を下していく」とした。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)