ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見

「マル富」パンとマンション広告で分かった
SNSは現代ビジネスに欠かせぬ文明のツール

莫 邦富 [作家・ジャーナリスト]
【第90回】 2012年2月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 先週の富山市での講演は、雪との競演となった。行きは先週のコラムで述べたように、大雪のため富山行きの飛行機を小松行きの便に変えて、小松空港からタクシーと電車を乗り継いで、雪がしんしんと降りしきる富山にたどり着いた。

 講演を終えた翌日の夕方、いざ空港へ移動しようと思ったら、タクシーの無線から飛行機の欠航の知らせが飛び込んできたので、そのまま方向を転換して、富山駅に駆け付け、そこから電車で越後湯沢へ移動して、さらに新幹線に乗り換えて東京に帰る方法を取った。

 出発まですこし時間があったので、富山駅前の店を覗いてみた。そこのパン屋「ヴィ・ド・フランス」で意外なものを発見した。「富」の字を○で囲んだ文字(マル富)が焼きつけられている焼き立ての餡パンだ。言うまでもなくそれは富山という地元カラ―を出すための商品だが、莫邦富家のパンとも解釈しても無理はないだろう、と4個買った。それを見た時の家族たちの表情を想像して、電車に乗り込んだ。

 遠回りして4時間もかかってようやく東京の自宅にたどり着いた時には、もう夜9時を回っていた。カバンに入れていたため、すこしぺちゃんこになってしまったが、それでもそのパンを目にした瞬間、家内は笑いが止まらなかった。娘も目じりが下がりっぱなしだった。ここまでは計算済みだ。

中国からも「マル富」パンを
買いたいという声が

 深夜、面白半分にやや不細工になったそのパンをカメラに収めて、その写真をFacebookと中国のソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である新浪微博にアップした。そうしたら、意外な反響が巻き起こった。中国の成都にいるという見知らぬフォロワーの人から、このパンを購入したいという書き込みがあった。その他の希望者も出ている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

莫邦富(モー・バンフ) [作家・ジャーナリスト]

1953年、上海市生まれ。85年に来日。『蛇頭』、『「中国全省を読む」事典』、翻訳書『ノーと言える中国』がベストセラーに。そのほかにも『日中はなぜわかり合えないのか』、『これは私が愛した日本なのか』、『新華僑』、『鯛と羊』など著書多数。


莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見

地方都市の勃興、ものづくりの精度向上、環境や社会貢献への関心の高まり…中国は今大きく変わりつつある。先入観を引きずったままだと、日本企業はどんどん中国市場から脱落しかねない。色眼鏡を外し、中国ビジネスの変化に改めて目を凝らす必要がある。道案内人は日中を行き来する中国人作家・ジャーナリストの莫邦富氏。日本ではあまり報道されない「今は小さくとも大きな潮流となりうる」新発見を毎週お届けしよう。

「莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見」

⇒バックナンバー一覧