2月9日、世界的な金融市場の動揺が収まらない。NY証券取引所で8日撮影(2018年 ロイター/Brendan Mcdermid)

[東京 9日 ロイター] - 世界的な金融市場の動揺が収まらない。表面上は好調な米景気を背景とする金融引き締め懸念が主因とされるが、水面下で起こっているのは長期にわたる金融緩和で膨張したマネーの急激な巻き戻し。玉突き的に様々な市場が激しい売りに襲われる「無機質な負の連鎖」ともいえる現象だ。波乱含みの展開が、早期に収束する気配は今のところない。

2度目の1000ドル安、CTAが主導か

 8日の米ダウは前日比1032ドルの大幅下落となり、今月5日に次ぐ過去2番目の下げ幅を記録した。市場では、今回の下げを主導したのはCTA(商品投資顧問業者)との見方が出ている。

 ポイントはダウではなくS&P500<.SPX>だ。連日の急落で2日以降8%以上の下落となり、2600ポイントを約2ヵ月半ぶりに割り込んだ。心理的な節目であるだけでなく、CTAの現在の「損益分岐点」とみられている水準にあたる。

「CTAは昨年9月以降、レバレッジをかけてS&P500先物のロングを積み上げてきた。その平均エントリーコストは約2600ポイントと推計されるため、ロスカットのロング圧縮が加速したのではないか」と野村証券のクオンツ・ストラテジスト、高田将成氏は指摘する。