[東京 13日 ロイター] - 巨額の仮想通貨流出で業務改善命令を受けた仮想通貨取引所・コインチェックは13日、金融庁に対し、再発防止策などを盛り込んだ報告書を提出した。ただ、コインチェックは詳細については公表せず、金融庁からの指摘事項などを踏まえ、着実に改善策を実施していくとした。

補償や仮想通貨の出金再開については、一日も早くできるようシステムの安全性の確認を進めているとするにとどめた。

約580億円相当の仮想通貨が外部の不正アクセスで流出したことを受け、金融庁は1月29日、コインチェックに対して改正資金決済法に基づく業務改善命令を出した。

その上で、2月13日までに1)事実関係と原因の究明、2)顧客への適切な対応、3)システムリスク管理態勢に関する経営管理態勢の強化と責任の所在の明確化、4)実効性あるシステムリスク管理態勢の構築と再発防止策の策定――の4点について報告するよう求めていた。

金融庁は報告書を精査し、今後の対応を検討する。

*内容を追加します。

(和田崇彦)