ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
イケテルカノジョ養成講座

いいんだぜ、男が泣いたって。たぶん。【続・中編II】

降旗 学 [ノンフィクションライター]
【第3回・続・中編II】 2012年2月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 しかしアレですわ、うちの坊主がね――、と切り出したのはエンジニアくんだ。

 エンジニアくんって誰? と言われる方は、わからないままでもいいと思います。理由。それを知るためにはクソ長いものを読まなければならないから。たいへんだぞ、アレを読み返すのは。経験者が言ってるのだから嘘じゃない、たぶん。

 で、なんや、きみとこのお子さんがどないしたんや――、と訊いてみたところ、エンジニアくんはものすごい訝しげな目で私を見て、私の関西弁にダメを出す。

 「前から言おう言おう思っとったんですけどね、その関西弁。真似してるつもりなんでしょうけど、ビミョーに……、ちゅうか、ぜんぜん違ゃいまっせ。テケトーにもほどがありますがな」
 「なに言っとんねん、違うことあるかいな。最後に“でんがな”付けときゃ、大阪じゃたいがい通じまんがな」
 「そこですがな」
 「どこやねん」
 「せやから、そこと言うとるやろ」
 「せやから、どこと訊いとるやろ」

 すると、真顔で、ちょっとえぇですか。などと言う。

 ちょっとと言いながらたくさん書く無能なモノ書きを私は知っているので、ちょっとと言いながら五つも六つもご託を並べるとろくな人間にならんぞ。と言うのだが彼は当たり前のようにスルーする。

 「えぇ加減、ボケるの、やめまへんか? ぜんぜん話が進まんのですわ」
 「話が進まんだと? きみ、いま自分が誰に向かってモノを言ってるか、わかって言ってるんだろうな。私を誰だと思ってるのだ」
 「××さんですよね」
 「わかってるじゃないか。もしかしたら世良公則と間違えてるんじゃないかと思って心配していたのだ、実は。よく間違えられるんだよ、私。自分で言ってるんだから嘘じゃないぞ。たぶん」
 「そーやってすぐボケようとするから話が進まんのやないですか」

 だそうです。伏せ字には私の名前が入るらしいのだけど、私の話ってそんなに進まないのかな。前フリだけで三週間も使ったやつの台詞とは思えん、とツッコまないよーに。

 というわけで、承前です。

 承前――、などと書くと、これは何が何でも連載で、ということはほとんど眠らず、我が身を削り、へろへろになりながらやっと玉稿を書き終えてもすぐに次の〆切が来るってことやんけ。おかげでガールフレンドとデートする時間もないがな。

 と憤ってしまう私ですが、前のパラグラフにとんでもない不適切かつ身の程知らずの表現があったことをお詫びします。嗚呼、私の書いたものが早く“玉稿”と呼ばれる身分になりたい。そーすりゃ〆切なんか後まわしにしたって怒られないのに。

 お詫び。前のパラグラフにも、おそらく、あきらかな誤りがあります。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

降旗 学[ノンフィクションライター]

ふりはた・まなぶ/1964年、新潟県生まれ。'87年、神奈川大学法学部卒。英国アストン大学留学。'96年、小学館ノンフィクション大賞・優秀賞を受賞。主な著書に『残酷な楽園』(小学館)、『敵手』(講談社)、『世界は仕事で満ちている』(日経BP社)他。


イケテルカノジョ養成講座

きみは優秀なビジネスマンだ。周囲の信頼は厚く、友だちも多い。そして仲間にも頼られる。が、しかし……、恋人だけがいない。あなたはとても魅力的な女性だ。仕事も頑張って、自分磨きも怠らない。男友だちだってたくさんいるのに……、何故か恋人ができない。いつも元気で、前向きで、どんなことにも興味を持って挑戦する勇気があるのに、恋にだけは臆してしまう。そして、自信をなくしたて落ち込んだり。そんな男女がたくさんいる。イケテルカノジョを恋人にしよう。イケテルカノジョになって、素敵な恋をしよう。ノンフィクションライター降旗学が送る恋愛下手な人たちへの応援コラム。

「イケテルカノジョ養成講座」

⇒バックナンバー一覧