ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ITでシミュレーション! 労務コストのムダ徹底排除

シミュレーションしてみよう!
あなたの会社の退職金本当に足りますか?【後篇】

永続する退職金制度はこうしてつくる

矢島秀悟 [社会保険労務士]
【第5回】 2012年2月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

前回は、高度成長期に導入した退職金規程をいまだに運用している企業が、知らない間に退職金支払い負担が増していく実態をシミュレーションで認識することの重要性を指摘しました。今回は、いったいどうすれば退職金制度を現実に即した持続可能なものにできるかについて説明していきます。

退職金制度を持続可能な
ものとするために

 景気は右肩上がり、社員もまだ若かった高度成長期に導入した退職金制度を現在もそのまま適用していませんか? 結論から言えば、退職金制度を持続可能にするためには現状に即した内容に変更するしかありません。考え方として提示したいのが次の2点です。

(1)企業の退職金負担が適正であること。退職金の存在が経営の重荷になってはいけない。現実的な負担にあわせて変更を検討する。

(2)退職金制度の存在が会社の利益に貢献していること。制度があることで社員の利益を上げるモチベーションが高まれば、結果として企業の退職金負担額は小さくなる。

 よく誤解されるのは、企業年金制度などの退職金準備方法を変更することで、あたかも退職金問題が解決したかのように思われることです。たしかに利回りのよい運用方法に変更することで企業負担は減少します。ただし、確定拠出年金制度をはじめ、原則として企業年金制度の利回りは未来永劫確定ではありません。つまりそれは、本質的な解決ではありません。退職金制度の規定そのものを変更しなければ企業は常に退職金支払いリスクを抱えることになります。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

矢島秀悟 [社会保険労務士]

保険サービスシステム株式会社 社会保険労務士。労働保険、社会保険に関する相談や就業規則作成・監督署是正勧告対応など労務相談を数多く手掛ける。就業規則に関する執筆活動も行なっている。


ITでシミュレーション! 労務コストのムダ徹底排除

近年、社員や元社員と企業の間で金銭が絡むトラブルが増えています。こうしたリスクを低減するため、ITツールを使って労務コストを抑え、そのアウトプットを就業規則に反映するケーススタディを紹介します。

「ITでシミュレーション! 労務コストのムダ徹底排除」

⇒バックナンバー一覧