ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

紛失したiPhoneやデジカメを見つけてくれる!
日本上陸が待たれる無料アプリ「Fownd」の便利度

岡 真由美
2012年2月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
Fowndが提供しているカラータグ。裏に接着剤が付いていて、いろいろな持ち物に貼ることができる。(写真上) デジタルカメラに貼るとこのような感じになる。(写真下)

 携帯電話や家の鍵、デジカメなどを失くした経験のある人は、結構多いのではないだろうか。筆者も車の鍵や財布を失くした経験がある。

 こういうそそっかしい性格なので、以前は有料のMobile Meサービスに加入しないと使えなかったAppleの「Find My iPhone」(iPhoneを探す)機能が今年1月から無料化されたときには、本心からありがたいと思ったものだ。

 すでにご存じの方も多いと思うので詳細は省くが、「iPhoneを探す」アプリとは、iPhoneをどこかに置き忘れても、事前に設定さえしておけば、icloud.comにサインインして地図でiPhoneの位置を確認できるというものだ。また、メッセージを表示させて拾った相手に知らせる、音を鳴らして置き場所を教えるという機能も備えている。

 11月末にスタートしたばかりの「Fownd」アプリも、紛失したiPhoneを見つける手助けをしてくれるサービスだ。アプリをインストールすると、iPhoneのホームスクリーンを設定するよう指示される。ホームボタンを押すと最初に表示されるこの画面に、「iPhoneを見つけたら○○○○へXXXX(iPhoneに割り当てられたタグ番号)とテキストしてください」というメッセージを含ませるのだ。誰かがiPhoneを拾い、この番号にテキストメッセージを送ると、筆者が登録しておいたメールアドレス宛にメッセージが送られてくる。つまりFowndが、落とし主と拾い主を仲介してくれるのだ。

 ではFowndのどこが面白いかというと、見つけてくれるのがiPhoneだけではないことだ。同社が販売しているタグを購入し、デジカメや車の鍵、パソコンなどに貼ると、同様のサービスが利用できるのである。

 タグはベーシック(モノクロ、10枚セットで99セント)、カラー(青色、10枚セットで1.99ドル)、コンポジット(4枚セットで2.99ドル)の3種類。実はFacebookで「いいね!」を押したらカラーが99セントになるというので注文したのだが、残念ながら記事には間に合わなかったので、同社が提供しているタグの写真を載せておく。タグにはそれぞれ1つしかない番号(アルファベットと数字による)が割り当てられている。

 何よりうれしいのは、このサービスが無料で受けられるということだ。タグは購入する必要があるが、安いものだ。またタグ5枚分のIDは無料でもらえる(これは自分でシールにでも書いて貼るという手作業が必要だ)。

 なお、同社のサービスは「テキストメッセージ」――日本でいうところの「ショートメール」を利用しているが、日本ではまだサービスを開始していないため、残念ながら現時点では米国でしか利用することができない。日本でも展開されれば、私のような忘れ物の多い人間には本当に便利だろうと思う。

 また同社によれば、「iPhoneを探す」と同様にGPSを利用して位置確認する「Trace My Steps」サービスも、現在開発中だという。当然だが、これは今のタグには使えないのでiPhone及びiPad専用となる。

 そのうち高価な持ち物にはすべてGPSタグをつけ、位置確認できるのが当たり前になるかもしれない。

(岡 真由美/5時から作家塾(R)


この記事に関連した読者調査の投票結果を見る
(投票期間は終了しています。)

スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

デジライフNAVI

目まぐるしいほどの進化を続けるデジタルの世界。最新の商品やサービスをいち早くキャッチアップし、最先端のトレンドをナビゲーションします。

「デジライフNAVI」

⇒バックナンバー一覧