ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

日本テレワーク協会と日本リージャスが業務提携し、
テレワーク支援プランを企画、2月8日から販売を開始します

社団法人日本テレワーク協会

2012年2月8日

 社団法人日本テレワーク協会(会長 有馬利男)は、テレワークの普及促進のために、ワークプレイス・ソリューションを提供する日本リージャス株式会社(代表取締役 西岡真吾)と業務提携し、テレワーク支援プランを企画、2月8日から販売を開始します。本プランは、日本リージャスのビジネスラウンジを利用でき、一定時間までドアつきの個室も利用できるという内容です。日本リージャスのオフィスは渋谷マークシティや六本木ヒルズなど首都圏18カ所の駅に近い大規模ビル内がほとんどで、利便性の高い所にあります。

  営業担当者やシステムエンジニアなど顧客先の訪問頻度が高く、ノートPCやタブレットPC、スマートフォンなどをつかって出先で仕事をすることの多いモバイルワーカーに最適のプランです。一定時間まで個室を利用できますので、チームミーティングやウェブ会議をするのにも適しています。生産性の向上やセキュリティ確保、オフィスコスト削減に大きな効果を期待できます。

 料金は、一人あたり月額3,300円(税別)で、10人単位で申込できます。お問い合わせは、社団法人日本テレワーク協会へ。

  今回の提携で、社団法人日本テレワーク協会は、テレワークをさらに普及させるべく、初めて民間企業と提携しました。首都圏では大手町、六本木、品川、新宿などの主要スポットに施設を展開する、日本リージャス様との今回の取り組みにより、これまで以上にテレワークの活用が活発になることを期待しています。

  また、日本リージャス株式会社北アジア地区担当会長の呉偉(くれ たかし)は、「リージャスでは、昨今の多様化するワークスタイルに適したワークプレイス・ソリューションを提供しています。リージャスのビジネスラウンジでは、利用者は場所や時間にとらわれないテレワークスタイルの働き方が可能になります。日本テレワーク協会様との提携により、より一層、テレワークのサポートに尽力して参ります」と述べています。

 本プランの詳細内容は下記のとおりです。

1.名称 TA ※テレワーク支援プラン(チーム型) 
※JTAはJapan Telework Associationの略

2.企画 社団法人 日本テレワーク協会・日本リージャス株式会社

3.利用オフィス
日本リージャス株式会社の首都圏18カ所にあるレンタルオフィス

4.内容
日本リージャスのレンタルオフィスにあるビジネスラウンジ内の個人ブース・共有テーブル・飲み物サービス(無償)の利用および一定時間までの個室の利用(10人1口で月10時間まで個室の利用可能、5口の場合月60時間、10口の場合月140時間)

5.利用時間    9:00~18:00

6.料  金    10人1口で月額33,000円(税別)、(契約期間は1年単位)

7.募集期間    2012年2月8日(水)~

8.お申込み    社団法人日本テレワーク協会  

東京都千代田区神田駿河台1-8-11 日本YWCA会館3階
℡ 03-5577-4572  Fax  03-5577-4582  
申込URL http://www.japan-telework.or.jp/

※リージャスについて
リージャスグループは、先進的ワークプレイス・ソリューションを提供する世界最大の企業です。設備を完備したオフィスから、専門会議室、テレワークに適したビジネスラウンジ、さらに世界最大級のテレビ会議スタジオのネットワークまで幅広い設備やサービスを提供し、自宅、外出先、あるいはオフィスのいずれの場所からでも働くことのできる新しい方法を提供します。グーグル、グラクソ・スミスクライン、ノキアなどの世界的な大企業から中小企業までが利用者で、オフィスや仕事場をリージャスにアウトソーシングすることにより、本業のビジネスに注力できる体制を整えています。94カ国、550都市の1,200カ所にわたるリージャスの施設を利用する顧客は、毎日80万人以上に上り、個人や企業はいつでも、どこでも、またどのようにでも仕事をすることができます。 リージャスは1989年にベルギーのブリュッセルで創設され、ロンドン証券取引所(LSE:RGU)に上場しています。詳細はwww.regus.co.jp/ をご参照ください。
 

facebookもチェック

IT企業インフォメーション

「IT企業インフォメーション」

⇒バックナンバー一覧