ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経営のためのIT

リーダーはデジタル変革の
“最初の一押し”をどう支援するか

内山悟志 [ITR代表取締役/プリンシパル・アナリスト]
【第78回】 2018年3月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
3
nextpage

乗り越えるべき2つの壁

 このような多岐にわたる変革を実行してイノベーション推進のための体制や環境を整えることは容易ではない。しかも、このような環境が整っていない企業が大半であり、会社がすべてをお膳立てして後は推進チームが実際のイノベーションへの取り組みを実施するだけという企業は稀であることから、最初の推進者は、具体的なイノベーションへの取り組みを実施しながら同時に環境を整えていくという開拓者の苦労を背負うこととなる。
デジタルイノベーションに対する意識が低く、経験・ノウハウもない企業が最初に直面するのは、「最初のひと転がりの壁」である(図3)

 つまり、何をどのように始めたらよいかがわからないので最初の一歩を踏み出せないという問題である。イノベーションへの取り組みは不確定要素が多く、投資判断が難しい。進め方や推進体制についても、これまでの考え方が通用しない場合があり、試行錯誤が求められる。誰がどのように始動すべきかも決まっているわけではない。しかし、何らかの最初のひと転がりを始めなければ経験もノウハウも得ることはできない。まずは、大成功や百点満点を目指さずに、踏み出してみることが重要だ。

 一方、「最初のひと転がりの壁」を乗り越え、いくつかの革新的取り組みに成功している企業においても「全社への浸透と定着化」という2つ目の壁に直面することがある。多くの企業にとってのこの壁は高く、分厚い。しかし、この壁を乗り越えられなければ、イノベーションへの取り組みは一過性の部分的なものに留まり、企業全体の戦略の中核として位置づけられるような大きな変革を生み出すことはできない。

previous page
3
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

内山悟志
[ITR会長/エグゼクティブ・アナリスト]

うちやま・さとし/大手外資系企業の情報システム部門などを経て、1989年からデータクエスト・ジャパンでIT分野のシニア・アナリストととして国内外の主要ベンダーの戦略策定に参画。1994年に情報技術研究所(現アイ・ティ・アール)を設立し、代表取締役に就任。2019年2月より現職。


経営のためのIT

日々進化するIT技術をどうやって経営にいかしていくか。この課題を、独立系ITアナリストが事例を交えて再検証する。クラウド、セキュリティ、仮想化、ビッグデータ、デジタルマーケティング、グローバル業務基盤…。毎回テーマを決め、技術視点でなく経営者の視点で解き明かす。

「経営のためのIT」

⇒バックナンバー一覧