ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経営のためのIT

リーダーはデジタル変革の
“最初の一押し”をどう支援するか

内山悟志 [ITR代表取締役/プリンシパル・アナリスト]
【第78回】 2018年3月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
4
nextpage

2段階方式で推進するイノベーション

 2つの壁を一足飛びに越えていくことは困難である。そこで、2段階方式でデジタルイノベーションを推進する方法を推奨したい。2段階方式とは、まず第1段階で小さな取り組みを成功させ、その後の第2段階で環境を順次整備しつつ全社的な取り組みへと昇華させていく方法であり、リーンスタートアップの考え方を取り入れたものである。ここでは、前出のコッターの「変革の8ステップ」に準えて具体的な進め方を説明しよう。

 まず、第1段階では、特定のデジタルイノベーションへの取り組みを対象として「最初のひと転がりの壁」を超える。ここでポイントとなるのが、最初の取り組みにおいて推進を阻害したり障壁となったりした事柄をリストアップし、総括しておくことである。これが、環境整備のために変革すべき課題であり、第2段階へのインプットとなる。

 第2段階では、第1段階のクイックウィンで得た成功体験を社内に啓発し、活動の幅を広げる礎とし、「7.定着と変革」のステップでは、再度1から5までのステップを再定義および範囲を拡大して実施する。第1段階で障壁となった課題は、関係部署や経営者に変革の必要性を説き、調整しつつ組織、制度、権限などの変革によって順次解決していく。第2段階の「7.定着と変革」「8.カルチャー浸透」のステップは終わりのある活動ではなく、小さな成功を積み重ねながら継続的に取り組むことで「全社への浸透と定着化の壁」を乗り越え、デジタルイノベーションを全社的な戦略の中核とに据えて取り組む企業へと転身を図っていくのである。

 変革の進め方に関しては、ここでいう第1段階と第2段階のステップをない交ぜにした議論が散見されるが、特に大企業においては2つの段階を明確に区別して考えることを推奨する。

previous page
4
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

内山悟志
[ITR会長/エグゼクティブ・アナリスト]

うちやま・さとし/大手外資系企業の情報システム部門などを経て、1989年からデータクエスト・ジャパンでIT分野のシニア・アナリストととして国内外の主要ベンダーの戦略策定に参画。1994年に情報技術研究所(現アイ・ティ・アール)を設立し、代表取締役に就任。2019年2月より現職。


経営のためのIT

日々進化するIT技術をどうやって経営にいかしていくか。この課題を、独立系ITアナリストが事例を交えて再検証する。クラウド、セキュリティ、仮想化、ビッグデータ、デジタルマーケティング、グローバル業務基盤…。毎回テーマを決め、技術視点でなく経営者の視点で解き明かす。

「経営のためのIT」

⇒バックナンバー一覧