ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
金融市場異論百出

評価を上げるポルトガル
高まる“ギリシャ人異質論”

加藤 出 [東短リサーチ取締役]
2012年3月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 2月17日、パリのフランス銀行(中央銀行)本店前に長い行列ができた。旧フラン紙幣のユーロ紙幣への交換が終了する日だったからである。同紙幣の法的通用力はその日をもって消滅した。いまさらユーロをやめてフランに戻ることを望む声は街の中では多くない。

 ワシントンのシンクタンクであるPIIEのフレッド・バーグステンは、2月1日に米議会の公聴会で「今回の危機のすべての重要な局面で、ヨーロッパは実際のところ、崩壊を避けるのに必要なことをすべて行ってきた。われわれは、ドイツとECBが今後も破滅を避けるために必要なことをなんでも行うであろうことに、強い自信を持っている」と楽観的な観測を述べた。確かに振り返ってみればそうであり、今後も欧州当局者はユーロを支えようとするだろう。しかし、有権者のあいだで感情論からのハプニングが起きることが恐ろしい。

 従来はギリシャ人に同情を示すことが多かったフランス、イタリアにおいても、最近は「ギリシャ人異質論」が出始めている。イタリア人であるドラギECB総裁は、2月9日の記者会見で「ギリシャはユニークだ。もうあの経験はしたくない」と嘆いていた。同じ“地中海クラブ”の彼らでさえそう言うのだから、北ヨーロッパの国々のギリシャへの不信感は強烈なものがある。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

加藤 出 [東短リサーチ取締役]

東短リサーチ取締役チーフエコノミスト。1988年4月東京短資(株)入社。金融先物、CD、CP、コールなど短期市場のブローカーとエコノミストを 2001年まで兼務。2002年2月より現職。 2002年に米国ニューヨークの大和総研アメリカ、ライトソンICAP(Fedウォッチ・シンクタンク)にて客員研究員。マネーマーケットの現場の視点から各国の金融政策を分析している。2007~2008年度、東京理科大学経営学部非常勤講師。2009年度中央大学商学部兼任講師。著書に「日銀は死んだのか?」(日本経済新聞社、2001年)、「新東京マネーマーケット」(有斐閣、共著、2002年)、「メジャーリーグとだだちゃ豆で読み解く金融市場」(ダイヤモンド社、2004年)、「バーナンキのFRB」(ダイヤモンド社、共著、2006年)。


金融市場異論百出

株、為替のように金融市場が大きく動くことは多くないが、金利の動向は重要だ。日本を代表する日銀ウォッチャーが金融政策の動向を分析、金融政策の動向を予測する。

「金融市場異論百出」

⇒バックナンバー一覧