ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
大前研一講演録「グローバル化を好機と捉えよ」

米国に依存しすぎてきた日本にのしかかる代償

大前研一 [ビジネス・ブレークスルー大学院大学学長/ボンド大学大学院ビジネススクール教授]
【第2回】 2007年10月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 世界の国々で何が起きているのか――。私がグローバリゼーションについて書き始めてから30数年が経ちました。グローバリゼーションというのはひと言でいうと、企業の運営、お金、技術、市場の世界的レベルに於ける最適化のプロセスを意味します。

 かつてグローバリゼーションというと、工場を労賃の安いところに移すことを指しました。工場配置の最適化をしても、マーケットは日本やアメリカに存在したままです。今のように世界中にマーケットが存在する時代ではありませんでした。

 最近は工場だけではなく、R&D――研究開発なども最適化によって海外に出て行く時代になりました。今、製薬会社のほとんどはインドに重要な開発工程を移しています。さらには、開発・設計部門だけでなく、本社部門の経理、売掛債権管理、請求業務までを海外に置く企業もあります。現在、GE(ゼネラル・エレクトリック)はインドに本社業務部を移しています。

 このように、世界中の企業が国境を跨ぐようになりました。工場配置だけを世界的に最適化するのではなくて、R&D、設計、サービス部門といったあらゆる部門が海外に出て行く時代になったのです。日本企業も一部、トヨタ、コマツなどがアグレッシブに取り組んでいます。また、旭硝子、JTといった企業も成功事例を持っています。

米国一辺倒だった日本は、
人材育成で遅れを取った

 世界をいかにして自分の友人にするか。これが企業の存続を決定づける大きな要因の一つになっています。グローバリゼーションを進めていく上で、日本が圧倒的に遅れているのは人材育成です。

 企業は、自社が関係する国については、その国ごとのエキスパートがいないといけません。しかしながら、その国のスペシャリストを作ることは、20年はかかる仕事です。日本とは違う文化、生活習慣の中でビジネスを通して何回も失敗し、さまざまなことが伝承され、初めてDNAの中に染み込んでいくのです。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
大前研一 戦略論

1982年から1995年にかけて、大前氏が『ハーバード・ビジネス・レビュー』誌、『ウォールストリート・ジャーナル』紙への寄稿文をまとめた海外論文集。世界のビジネスリーダーが絶賛した大前氏の戦略コンセプトの原点といえる内容。1890円(税込)

話題の記事

大前研一 [ビジネス・ブレークスルー大学院大学学長/ボンド大学大学院ビジネススクール教授]

早稲田大学理工学部卒。東京工業大学大学院原子核工学科で修士号、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科で博士号取得。マッキンゼー・アンド・カンパニーで20年以上日本支社長、アジア太平洋地区会長を歴任。現在、大前・アンド・アソシエーツ代表取締役、ビジネス・ブレークスルー代表取締役、ビジネス・ブレークスルー大学院大学学長等を務める。著書に『ザ・プロフェッショナル』『大前研一 戦略論』『企業参謀』『新・資本論』など多数。
ビジネス・ブレークスルー大学院大学
■在職のまま遠隔教育でMBA(2年間)を取得可能な経営大学院


大前研一講演録「グローバル化を好機と捉えよ」

大前研一氏の2007年10月の講演会の内容を、計3回にわたって掲載する。日本人の想像を上回る速度でグローバル化が進む世界に目を向け、それを好機と捉える発想がなければ、日本は再び浮上できない。

「大前研一講演録「グローバル化を好機と捉えよ」」

⇒バックナンバー一覧