ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ずんずんの社内営業でずんずんいこう!
【第2回】 2012年3月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
ずんずん

第2話 お局様に愛されたい!

1
nextpage

はじめまして。ずんずんです。
金融系企業でまったりとマネージャーをしています。
最近ブログやツイッターで、若い人から悩みを聞いてほしい! という連絡を頂くようになりました。全員に御会いしてお話を伺わせていただきたいところですが、ずんずんは分身もできなければ、そんなに金もありません……
でも、ざっくり聞いてみると、皆さん人間関係で悩んでいるようですね。ちょうどいいタイミングで連載の依頼をいただいたので、外資系勤務の時代に編み出した私なりの「社内営業術」の話をしてみましょう。

 

月曜日です!!
ずんずんさんはオフィスの席に来るたびに

もう!! いっそのこと!! 殺して!!

と思っていました。

そう、ずんずんさんのデスクはお局様さんの隣なのです。

このお局様さんは、ずんずんさんの会社に20年ほど勤めている生き字引、
いや生き霊です。

彼女は『話しかけるだけで自律神経がやられる』と評判の女性でした。

お局様さんは、ずんずんさんの直属の上司でした。

 「あら、おそようさん、ずんずんさん」と、オフィスでずんずんさんより先に来ていたお局様さんは、ずんずんさんを見かけるなり冷めた目でそう言いました。

ずんずん「お、おはようございます!」

ずんずんさんはしまった! と思いました。

新人たる自分がお局様さんより遅れて来るなんて、言語道断!
二等兵としてあるまじき行為!!

というか「おそようさん」って何!? 何なのその言語センス!!

バブル!?

そう思いながらもずんずんさんは「へへ…すいやせん…」となぜか江戸っ子っぽく応えながらデスクにつきました。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

生形大 著

定価(税込):2017年3月   発行年月:本体1,500円+税

<内容紹介>
日系企業から転職した外資系金融マンが明かすお金の知識。なぜ日本のサラリーマンは高収入でも貧乏なのか? なぜかお金が減ってしまう人は知っておきたいお金をふやす習慣。年収1億円の元外資系金融マンが明かす「お金に働いてもらう」、「フロービジネスではなく、ストックビジネスを増やす」方法がわかる!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、3/12~3/18)




ずんずんの社内営業でずんずんいこう!

自称ツイッターアイドルの「ずんずん」が、外資系投資銀行という戦場で磨いたサバイバル技術をネットスラング多用気味で解説します。若手の皆さん、社内営業をするなら、ここまでやらなきゃだめですよ!

「ずんずんの社内営業でずんずんいこう!」

⇒バックナンバー一覧