ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
SPORTS セカンド・オピニオン

セ・リーグも今季から予告先発制を採用
投手の魅力向上で観客動員増につなげられるか

相沢光一 [スポーツライター]
【第194回】 2012年3月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

メジャーでは当たり前の予告先発
日本ではパ・リーグがまず導入

 今季からセ・リーグでも予告先発制度が導入されることが話題を集めている。

 メジャーリーグ(MLB)では試合の数日前に誰が先発登板するかを発表するのが通例だ。先発投手陣は固定されているし、ローテーションもきっちり守られている。誰が先発するかを明らかにするのは当たり前のことであり、「予告先発制度」に該当する言葉もない。英字紙によるMLBの予告先発についての説明は「policy of announcing starting pitchers in advance」。MLBで先発を公表するのは制度というよりポリシーなのだ。

 ところが日本では長年、先発投手は試合直前のメンバー発表まで明らかにされてこなかった。一応、先発の頭数は揃えておりローテーションもあるが、監督はそのうえで相手チームとの相性などを考えて先発投手を決める。時には思いがけない投手を先発起用。その意外性に相手打線が苦しみ勝ちでもすれば、采配の妙として褒め称えられた。

 相手の先発が読めない時は出場予定のない選手(主に投手)を偵察要員として打線に組み込み、相手の先発に合わせて相性の良さそうな打者を代打として起用することもあった。投手陣も先発する投手を悟られないよう複数が先発の調整をするといった手の込んだ演技も要求された。

 そうした両軍の読み合い、腹の探り合いを含めて楽しむのが日本のプロ野球だった。手の内を明かして真っ向勝負をするのがMLBだとすれば、勝利を目指して戦略を駆使するのがNPB。いかにも日本らしい緻密で繊細な感性が先発投手を直前まで明かさないという慣例を生んだといえるし、ファンにも支持されてきた。

 その流れを変えたのがパ・リーグだ。85年のシーズンから毎週日曜日の試合に限り先発投手を事前に発表するようになった。目的はファンの関心を集め、観客動員につなげるため。その期待に応えようと各チームは日曜日にはエース級を起用した。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

相沢光一 [スポーツライター]

1956年埼玉県生まれ。野球、サッカーはもとより、マスコミに取り上げられる機会が少ないスポーツも地道に取材。そのためオリンピックイヤーは忙しくなる。著書にはアメリカンフットボールのチーム作りを描いた『勝利者』などがある。高校スポーツの競技別・県別ランキングをデータベース化したホームページも運営。 「高校スポーツウルトラランキング」


SPORTS セカンド・オピニオン

サッカーから野球、大相撲や陸上に至るまで、あらゆるスポーツニュースを独自の視点で解説!スポーツニュースの「セカンド・オピニオン」を目指します。

「SPORTS セカンド・オピニオン」

⇒バックナンバー一覧