飲み会で意気投合したのに、今朝はどこかクールでそっけない上司。自分は嫌われてしまったのだろうか? 上司の胸のウチは?
『入社1年目の教科書』著者の岩瀬大輔さんが、オン・オフの切り替えや相手との距離感に悩む新入社員の相談に乗る。
本記事では、ライフネット生命社長の岩瀬大輔さんの新刊『入社1年目の教科書 ワークブック』から、内容の一部を再編集し特別公開する。(まとめ/編集部)

※本文写真の新入社員Bさんはイメージです。

昨晩あんなに飲み会で盛り上がったのに、今朝はなんだかそっけない上司。意外な理由とは?

昨晩は
意気投合したのに…

新入社員Bさん
岩瀬大輔さん

新入社員Bさん(以下Bさん) 岩瀬さん、昨日、上司とはじめてサシで飲みに行ったんです!

岩瀬大輔さん(以下岩瀬さん) 上司と2人で飲み会でしたか。楽しかったですか?

Bさん はい、すごく楽しかったです。仕事の話はもちろんですが、上司の新入社員時代の失敗談なども聞けて、緊張していたのは僕だけじゃなかったんだと思いました。

岩瀬さん それはよかったですね。ほかにはどんなことを話したのですか?

Bさん 上司と血液型と干支と次男という共通点も見つかったんです。中学時代サッカー部でゴールキーパーをやっていたところまで同じで!

岩瀬さん 共通点が見つかると、一気に距離が近づきますよね。

Bさん そうなんです! めちゃめちゃ意気投合して、3次会まで行ったんですよ。なんとか終電に間に合ったのでセーフでした。

岩瀬さん 2人で3次会とは、すごく盛り上がったみたいですね。

Bさん でも…。ちょっとショックなことがあったんです。

岩瀬さん ショックなことですか。

Bさん 今朝、上司のところに行って「昨日はごちそうさまでした。楽しかったです! また行きましょう」と、大きな声でお礼に行ったら、あからさまに困った顔をして、その後はそっけない対応だったんです。

岩瀬さん ああ…。

Bさん 昨晩はあんなに語り合って仲良くなったのに、一夜明けたら、前よりも冷たい感じで。
僕、嫌われてしまったのでしょうか?

岩瀬さん ありがちな話ですね。上司と部下の、飲み会の翌日の距離感問題です。

Bさん もしかして、飲み過ぎて上司は昨日のことを忘れてしまったのかと思いきや、ぜんぜんそうではなかったんです。正直、飲み会での距離感の保ち方が分かりません。

岩瀬さん 上司の方は、Bさんのことを嫌いになったわけではないと思いますよ。

Bさん 本当ですか!? もう何がなんやら…。人間不信になりそうですよ。