ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
倒産から2年!JAL再生“奮闘”記

【その7】意識改革・人づくり推進部部長
 野村直史の場合
「意識改革への取り組みは、半永久的に続けて行く」

【第7回】 2012年3月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 いよいよ最終回となる再生奮闘記は、JAL改革のハイライトともいえる「意識改革」に焦点を当てる。何度も繰り返してきたが、JAL再生の両輪となっているのが、稲盛和夫名誉会長がJALにもたらした「意識改革」と「部門別採算制度」である。ある意味で、後者は道具と言ってよい。どんなにすぐれた道具が与えられても、それを使う人々の意識が変わらなければ、道具だけではよき仕事をなしえない。

稲盛のリーダー教育が
フィロソフィ作りの発端

――今回、登場願うのは、その名もずばり意識改革・人づくり推進部部長の野村直史。1984年の入社で、現職の前は、人事部で教育を担当していた。最初に意識改革のバイブルである「JALフィロソフィ」誕生までを振り返ろう。JALは2010年1月に会社更生法の適用を申請したが、稲盛和夫はその直後の2月に会長に就任した。そして6月からリーダー層の意識を変えるために、リーダー教育が実施された。

意識改革・人づくり推進部部長・野村直史(のむら なおし)「意識改革への取り組みは、会社が存続する限り、継続的に愚直にやって行く」
Photo by Isao Murokawa

野村 実際に受講したのは、社長の大西(当時、現会長)以下、在京の役員全員、それに部長級の経営幹部、人数にすると50名程度で、延べ17日間にわたって行いました。

 稲盛会長(当時、現名誉会長)から、まさに会社を引っ張っていくリーダーはどうあるべきか、リーダーはどういう考え方で会社を経営していかなくてはいけないのかについて、自ら講話をしていただきました。

 加えて経営手法として部門別採算制度=いわゆるアメーバ経営について、稲盛会長の過去の講演DVDを少し編集して、それを全員で見たり、京セラさんなど社外から数名のゲストをお呼びして講演を聞く。その後、メンバーをいくつかのグループに分けて、じっくりディスカッションし、より理解を深めるということを、繰り返し行いました。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


倒産から2年!JAL再生“奮闘”記

2010年1月に、JALが会社更生法を申請してから丸2年が経った。再建は予想を上回るペースで進んでいる。この2月には経営陣は新体制に移行する。再生の原動力となっているのは、「意識改革」と「部門別採算性」という「稲盛経営」である。JALの人々は、倒産をどう受け止め、どのような思いを抱きながら、企業再建に取り組んでいるのか。トップ層から現場の従業員に至るまで、インタビューを軸に、再建に取り組むその姿を追う。

「倒産から2年!JAL再生“奮闘”記」

⇒バックナンバー一覧