HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

気はやさしくて胃痛持ち

毎年2割増の売上目標
高級外車セールスマンの過酷な競争

市川純子 [(財)日本ヘルスケアニュートリケア研究所]
【第8回】

売上目標が負担になってきた
高級外車セールスマンLさん(41歳)

車が好き。それだけがこの仕事に就かせた

 Lさんの仕事は外車のセールスマン。子どものころのスーパーカーブームの後、バブル時代に不動の人気を得た欧州の高級車は、円高が進んだ今も高い人気を誇っている。

 Lさんは高校のときは中型バイク、大学に入って運転免許を手にしてからは、アルバイトをして買った国産のスポーツカーを乗り回していた。

 彼女より車。車を運転しているときが一番幸せだった。

 特に環八から、第三京浜、横浜新道から海沿いを走り西湘バイパスをドライブするのが好きだった。黒い海を左に感じ、夜中に走っていると車と自分が一体化したような快感があった。

 真冬以外は小田原の手前の小さな海水浴場でサーフィンを楽しんだ。車の助手席を倒してボードを積んで海沿いを走っているとそれだけで幸せだった。暑い時は、エアコンをつけずに窓を開ける。かすかに感じる磯の香りと、カセットから低く流れる大好きな音楽。帰りに道が空いていれば、横浜新道に入らずに海沿いを鎌倉から逗子、葉山まで走る。湘南と言われているエリアは、都内育ちのLさんにとっては永遠の憧れだ。

 大学を出たLさんは国内の自動車メーカーに就職した。明るくて話し好き、車好きで、他社の車を研究していることが評価されて新人のうちから頭角を現し、国道沿いの支店で彼はすぐにトップセールスになった。

 新車が発表されるたびに、お客様に対して丁寧にかつ真摯に説明した。子ども好きなLさんは、子どもを乗せて安全で楽しくドライブする方法、安全なブレーキングのコツなどを楽しそうに説明することでお客様に信頼された。

 笑うと目尻が下がり、人懐こい顔のLさんは警戒心を全くもたれなかった。車が好き。営業が好き。これ以上の才能は無いのかもしれない。面白いほどに車が売れた時代は終わっていたが、結婚、出産、引っ越し。人生の節目でお客様に声をかけてもらうのは生きがいだった。

 新車の納車でお客様の自宅に訪問すると、古い車を下取りにと託される。それを見ると古くはなっていても、家族のように大切に乗ってくれていたのが良く分かるのだった。

1 2 3 >>
このページの上へ

市川純子 [(財)日本ヘルスケアニュートリケア研究所]

1961年生まれ。財団法人日本ヘルスケアニュートリケア研究所 所長。広告代理店で大手私鉄の広報を担当。その後PR会社に転職し、医薬品や化粧品分野に携わる。2003 年にJ&Tプランニングを設立。代表取締役に就任。研究や情報の開発も行いヒット商品を数多く手がける。医療健康美容分野の研究のために2010年財団を設立。


気はやさしくて胃痛持ち

失われた20年と呼ばれる日本経済。そんな長い停滞のなかをがむしゃらに、ひたむきに日々の仕事・生活を生きてきたビジネスマンたち。さまざまなストレスに耐えてきたカラダもそろそろ注意信号を出す頃。いろんな職場のいろんなビジネスマンのいろんな悩みと不調を少し悲しく少しおかしく紹介します。

「気はやさしくて胃痛持ち」

⇒バックナンバー一覧