ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経営のためのIT

イノベーションの発想は
過去の成功体験を捨てることから

内山悟志 [ITR代表取締役/プリンシパル・アナリスト]
【第79回】 2018年4月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
4
nextpage

企業が追い求める価値の変化

 外部環境の変化に伴って企業が追い求める価値も変わっていくことが予想される。これまで企業は、競争優位性、売上高、利益率、費用対効果、効率化などを重要な指標として企業価値の向上を図ってきた。そして現在は顧客価値の創出や増大に注目が高まっており、新たな顧客体験の提供や「モノ」から「コト」へのシフトが重要視されるようになってきている。今後は、顧客価値に加えて、社会的価値が重要視されるようになり、持続的発展(SD:Sustainable Development)や共有価値の創造(CSV:Creating Shared Value)が重要な指標であり企業戦略の要点となっていくことが予想される。イノベーションを推進する際に、なぜ取り組むのかという意義が重要となるが、それも変わっていくだろう。「儲かる」「生き残るため」ということではなく、「社会的意義があるから」「未来の課題を解決したいから」といった未来志向の課題設定が求められる(図4)

 また、取り組みのアプローチも変わってくるだろう。これまでは1社で価値を提供するモデルが主流であったが、デジタル化によって、人、モノ、企業のつながりが拡大し、それによって新たなビジネスモデルや価値提供の方法が生み出されるようになっている。今後は他社と連携してエコシステムを形成することで価値を増幅させることが重要となり、異業種連携やプラットフォーム戦略が注目されるであろう(本連載第61回「デジタル時代のプラットフォーム戦略――カテゴリー・プラットフォーマーの出現」 参照)。

previous page
4
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

内山悟志
[ITR会長/エグゼクティブ・アナリスト]

うちやま・さとし/大手外資系企業の情報システム部門などを経て、1989年からデータクエスト・ジャパンでIT分野のシニア・アナリストととして国内外の主要ベンダーの戦略策定に参画。1994年に情報技術研究所(現アイ・ティ・アール)を設立し、代表取締役に就任。2019年2月より現職。


経営のためのIT

日々進化するIT技術をどうやって経営にいかしていくか。この課題を、独立系ITアナリストが事例を交えて再検証する。クラウド、セキュリティ、仮想化、ビッグデータ、デジタルマーケティング、グローバル業務基盤…。毎回テーマを決め、技術視点でなく経営者の視点で解き明かす。

「経営のためのIT」

⇒バックナンバー一覧