ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経営のためのIT

イノベーションの発想は
過去の成功体験を捨てることから

内山悟志 [ITR代表取締役/プリンシパル・アナリスト]
【第79回】 2018年4月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
5

大転換期をチャンスに
するための発想とは

 大企業は、これまで自社の商品や販売網、宣伝の仕方、品質や価格などに優位性を持っていたことで成功を収めてきた。しかし、その成功がいつまでも続くとは限らない。外部環境が著しく変化する時代においては、これまでの延長線上の戦略ではなく、新たな価値を創出し、市場を切り開くような大胆な発想の転換が必要となるだろう。その方法として企業戦略の立案やマーケティングのフレームワークで用いられる3C(顧客、競合、自社)および4P(商品、価格、プロモーション、流通)を変えてみる発想が有効である(図5)。外部環境の変化から、ニーズや課題を想起する際に3C・4Pを変えて発想してみるとよい。これら3C・4Pの1つでも変えることで、全く新しい価値観を見出すことができたり、大きなビジネスモデルの転換が果たされたりする場合がある。

 企業はこれまでも、時代の潮流や顧客ニーズの変化に対応して自らを変容させてきた。しかし、これから起ころうとしているパラダイムシフトは、ここ数十年で我々が経験したものと異質のより大きな転換である可能性が高い。これは大きな危機であると同時に大きな好機でもある。

 企業は、ここで述べた未来志向の課題設定や大胆な発想転換によって生み出されたアイデアを育み、実らせるための土壌を整備していかなければならない。

previous page
5
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

内山悟志
[ITR会長/エグゼクティブ・アナリスト]

うちやま・さとし/大手外資系企業の情報システム部門などを経て、1989年からデータクエスト・ジャパンでIT分野のシニア・アナリストととして国内外の主要ベンダーの戦略策定に参画。1994年に情報技術研究所(現アイ・ティ・アール)を設立し、代表取締役に就任。2019年2月より現職。


経営のためのIT

日々進化するIT技術をどうやって経営にいかしていくか。この課題を、独立系ITアナリストが事例を交えて再検証する。クラウド、セキュリティ、仮想化、ビッグデータ、デジタルマーケティング、グローバル業務基盤…。毎回テーマを決め、技術視点でなく経営者の視点で解き明かす。

「経営のためのIT」

⇒バックナンバー一覧