投手だからこそ理解できる「感覚的な言葉」というものは確かにある。僕が「通訳」として間に入り、バイオメカニクスの専門用語を「ピッチャー語」に翻訳することで、若手投手たちも理解がしやすくなり、土橋に説明された筋肉の場所、筋肉のイメージがよりわかりやすくなることがあるのだ。

 集団で練習するときには、一種の共通言語があるに越したことはない。しかし、メンバー全員がそれを共有しているとは限らないだろう。そういうとき、若手メンバーにも理解できる言葉に「翻訳」するのは、年長者である僕の役割なのだと考えている。

和田毅(わだ・つよし)

1981年生まれ。プロ野球選手(投手)。福岡ソフトバンクホークス所属。左投左打。
島根県出雲市出身。浜田高校ではエースとして甲子園に出場。早稲田大学では東京六大学野球の奪三振記録を大きく更新し、「ドクターK」と呼ばれた。
プロ入り後(福岡ダイエーホークス・当時)、1年目からローテーションの一角を担い、シーズン14勝。日本シリーズではルーキーながら第7戦で先発完投勝利、胴上げ投手となり、満票で新人王を獲得。2010年には自身初となる最多勝を獲得し、MVP・ベストナインにも選出された。2011年に左腕史上最速となる通算200試合目での100勝を達成。
2011年のオフに海外FA権を行使し、MLBボルチモア・オリオールズへ移籍。1年目開幕直前に左ひじの手術を受け、2014年にシカゴ・カブスへ移籍。その年、7月に3年越しとなるメジャー初登板を果たすと、シーズン4勝を挙げる活躍で日米野球のMLB代表に選出、日本のファンの前で凱旋登板を果たした。
2015年に日本球界への復帰を決断。2016年シーズンからは、福岡ソフトバンクホークスに所属し、同年に最多勝・最高勝率のタイトルを獲得。

(次回は4/24掲載予定)