4月10日、中南米の経済大国メキシコとブラジルは、それぞれ7月と10月に大統領選が予定されている。写真はメキシコのオブラドール候補。メキシコシティで9日撮影(2018年 ロイター/Ginnette Riquelme)

[ロンドン/ニューヨーク 10日 ロイター] - 中南米の経済大国メキシコとブラジルは、それぞれ7月と10月に大統領選が予定されている。メキシコでは改革否定が懸念される左派候補が優勢となっている一方、ブラジルは本命不在の混沌とした状況で、いずれも今後の展開次第で金融市場が乱高下する可能性がある。

 両国とも政界の汚職事件を受けて大量の有権者が既存の支持政党に見切りをつけ、大衆迎合的主張の候補になびいている。一方、両国の債券相場は世界的な景気回復や投資家の高利回り志向を背景に高値圏にあり、状況の変化に揺さぶられやすくなっている。

 メキシコは急進左派のアンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール氏が選挙戦で首位に立ち、市場心理に重しになっている。エネルギー市場開放をの取り消しや、福祉予算を拡大するのではないかと投資家が考えているためだ。ただ市場では、ロペス・オブラドール氏は想定したよりも市場寄りに軌道修正を図るのではないかとの声も出ている。

 ニッコウ・アセット・マネジメント(ロンドン)のポートフォリオマネジャー、ラファエル・マレシャル氏は「主張は軟化せざるを得ないだろう。選挙で勝ちたいのなら中道寄りに変更する必要がある。市場はメキシコに対して悲観的になりすぎており、ロペス・オブラドール氏が勝利した場合に予想外に市場寄りの動きが起きるかもしれない」と話す。

 ロペス・オブラドール氏は今月初めに投資家に公開書簡を送り、同氏がメキシコ経済を悪化させるのではないかとの不安の沈静化に努めるとともに、財政赤字を抑えると約束した。