r

 リビングスタイルは4月3日、スマホ向けルーム・コーディネート・アプリ「RoomCo AR」が、iOS向けの最新バージョン3.3.0において「ARKit 1.5」に対応し、壁付けアイテムを配置できるようになったことを発表した。

 AppleからリリースされたiOS 11.3に搭載される拡張現実のためのフレームワークの最新版ARKit 1.5では、垂直面にある仮想オブジェクトの認識や配置ができる。iOS向けRoomCo ARの最新バージョン3.3.0では、このARKit 1.5に対応することで、これまでの床面および天井面に加えて壁面にもARマーカーなしで正確な配置イメージを表示できるようになった。

 iOS向け最新バージョンのRoomCo ARには、この壁面対応に伴いカーテンや時計、鏡、ピクチャーフレームなどの壁付けアイテムを追加収録した。これには、カインズのカーテン73アイテムも含まれる。また、壁付けアイテムは順次追加される予定とのこと。