ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ドラッグストアニュースPick-Up

ダイエー
高齢者対応店舗の進化版
衣食住でシニアへのMD展開を意識

ドラッグストアニュース
【第41回】 2012年4月12日
著者・コラム紹介バックナンバー

 ダイエーが3月1日にオープンさせた赤羽店は、大型食品スーパー(SSM)をメーンに衣料、生活用品をくくり直し、ファッション、生活雑貨、サイクル、H&BC+調剤など専門業態を強く意識した売場で構成する、新しいフォーマット。50代以上が4割強という商圏特性を反映させ、シニア向けMDを強く意識した、高齢者対応型店舗として開店した。

 ダイエーでは、3月より衣料、生活用品の商品本部を統合し、部門のくくりを超えた売場づくりを進めており、前述の専門売場はその具体的なかたちとして満を持して登場した。また、これまでプロジェクトとしてH&BC部門内にあった調剤では、OTCとともに事業部として独立させ、調剤+OTCの既存店への導入、薬剤師の採用などを円滑に進めるためのベースを整えた。

 赤羽店では、SSMや衣料、インテリアなどが入る本館に隣接し、マンション1階に別館としてドラッグ&サイクル館を新設。売場面積200坪のうち150坪を調剤とH&BC、家庭用品が、残る50坪をサイクルショップが展開する。調剤では、初年度500枚、3年をめどに1000枚の処方箋応需をめざすほか、調剤、OTC、健康食品に加え、介護食・介護用品売場を新たに展開。店舗全体で高齢者にも便利な店としての機能充実をアピールする。

 消耗頻度の高い家庭用品では、台所用品がSSM側に取り扱いがないなど、一部で“高齢者対応”に疑問が残る点もあるが、「検証を重ね、さらに売場精度を上げていく」(ダイエー・桑原道夫社長)としている。

 改革を進め、業績が上向いているダイエー。赤羽店をモデルに中長期的な生活者アプローチを模索する。


●「ドラッグストアニュース」4月号 好評発売中!

●小売・サービス・流通業界がわかるビジネス情報サイト DFオンライン

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

ドラッグストアニュース

ドラッグストアニュースは、拡大するヘルスケア&ビューティケアマーケットに携わるビジネスパーソンに向けた情報誌。最新店舗情報や企業情報、そして今後ますます重要になる、生活者に自店のファンになっていただくための商品カウンセリング、コミュニケーション情報を満載し、薬剤師や登録販売者など、スタッフのスキルアップをサポートしています。成熟社会が訪れたいま、身近で快適なライフスタイルを生活者に提案するスタッフへビジネスのヒントを届けます。
最新号の内容・購読お申し込みはこちら


ドラッグストアニュースPick-Up

業界情報から消費者トレンドまで、ドラッグストアニュース編集部が日々の取材活動を通じて取り上げる選りすぐりの巻頭ニュース。

「ドラッグストアニュースPick-Up」

⇒バックナンバー一覧