ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ドラッグストアニュースPick-Up

ドン・キホーテ
新業態「エッセンス」が池袋にもオープン
価格訴求せずビューティを大幅拡大

ドラッグストアニュース
【第42回】 2012年4月13日
著者・コラム紹介バックナンバー

 ドン・キホーテの新業態でH&BC商品を取り扱いのメーンとする「エッセンス」が、実験店の川口駅前店(埼玉県川口市)から大幅にMDを修正して東京・池袋東口に登場した。売場面積は441平方メートルで川口駅前店(610平方メートル)の3分の2強。もとはドン・キホーテのピカソなどが展開していた場所で、川口駅前でも競合しているマツモトキヨシやサンドラッグも、100mほどの位置にある。ただエッセンスは、それらDgSが並ぶメーンの通りから外れ、周辺の人の流れや買い回る行動パターンも明らかに川口と異なっている。既存店を改装するかたちでオープンしたエッセンス池袋東口店は、価格での対抗意識丸出しで挑んだ川口とは、軌道修正して臨む実験2号店だ。

 川口駅前店との最も大きな違いは、なりをひそめたドン・キホーテの爆安演出。2月24日のオープンでも、大声でのお客の呼び込みは本部からNGの指示が出ており、その影響もあってか、通行人から「もうオープンしてるんですか?」とスタッフに声がかかるほど。店内での特売案内放送もなく、ドン・キホーテスタッフにも、これまであまり経験のない静かなオープンになったようだ。

 MDでの修正は、弁当や飲料といった在庫回転率が高く、商品管理負担が大きい商品や、衣料用洗剤など家庭用消耗雑貨の取り扱い縮小。一方で、川口でも好評だった2階でのビューティケア展開は池袋で進化させ、6000sku(川口)から1万skuへと大幅に品揃えを拡充した。また、エッセンス池袋東口ではビューティアドバイザー「美探研究員」が登場。専門研修を受けた20代から40代の女性9人からなり、同店がターゲットとする10代後半から20代女性が、気軽に相談できる雰囲気と態勢を整えたという。

 川口駅前店の進捗は、当初、月商見込み1億円に対し8000万円とのこと。価格対抗も影響し、店段階の粗利益率は21%程度。一方、池袋東口店は月商見込み7000万円。リピート促進で粗利益率30%台確保をもくろむ。

 彼らがめざす業態の在り方と実際の立地、客層、MDにはまだバラつきがある印象だ。東京西部での出店となる次なるチャレンジにも期待したい。


●「ドラッグストアニュース」4月号 好評発売中!

●小売・サービス・流通業界がわかるビジネス情報サイト DFオンライン

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

ドラッグストアニュース

ドラッグストアニュースは、拡大するヘルスケア&ビューティケアマーケットに携わるビジネスパーソンに向けた情報誌。最新店舗情報や企業情報、そして今後ますます重要になる、生活者に自店のファンになっていただくための商品カウンセリング、コミュニケーション情報を満載し、薬剤師や登録販売者など、スタッフのスキルアップをサポートしています。成熟社会が訪れたいま、身近で快適なライフスタイルを生活者に提案するスタッフへビジネスのヒントを届けます。
最新号の内容・購読お申し込みはこちら


ドラッグストアニュースPick-Up

業界情報から消費者トレンドまで、ドラッグストアニュース編集部が日々の取材活動を通じて取り上げる選りすぐりの巻頭ニュース。

「ドラッグストアニュースPick-Up」

⇒バックナンバー一覧