ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
連載経済小説 東京崩壊
【第9回】 2012年3月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
高嶋哲夫 [作家]

首都移転チーム発足

1
nextpage

第一章

8

 翌日、国交省につくとすぐに森嶋は矢島に呼ばれた。

 矢島の後について局長室に入ると、ソファーに座っていた渡辺国交大臣が顔を上げた。

 「国交省に首都移転チームを立ち上げることになった。きみにはそこに移ってもらう」

 行きがかり上予測していたことだが、実際に言われるとやはり動揺した。森嶋は動揺を隠そうと渡辺から視線を外した。森嶋が調べた限り、実現の見込みのない構想をまとめ上げる閑職にも等しい部署だったのだ。

 「どうした。不満かね」

 黙っている森嶋に国交大臣が聞いた。

 「首都機能移転室の復活ですか」

 「そうではない。新たに作るものだ。ただし今まで築きあげたものは参考にはしてもらいたい。ところで、チームリーダにはこの男を考えている」

 国交大臣が矢島に目配せをすると、矢島は森嶋にファイルを渡した。

 「村津真一郎。首都機能移転室の前の室長ですね。村津氏は数年前に退職しているはずです」

 「早期退職だ。現在、62歳。現在は長野に住んでいる。早速だが今日、会って来てくれないかね。すでに連絡はいっているはずだ」

 「今日ですか」

 「なにか用でもあるのかね。まだ配属は決まってないはずだが」

 「会ってどうするのですか」

 渡辺がわずかに眉根を寄せた。

 「首都移転チームを作ることになった経緯を話してほしい」

 「本人が乗り気ではないのですか」

 「切れ者だが変わり者でね。3年間室長をやったが、自分が無駄な時間をすごしたと思っている。日米の二つの論文について話し、アメリカ側の話も伝えてくれ」

 「すべてを話した上で就任を頼むのですね」

 矢島は頷いた。

 おそらく、村津には局長が就任を要請したのだ。本来ならば飛んでくるところだ。会いに行かなければならないとは、村津はチームリーダー就任を断ったのだろう。

 森嶋は気が重かったが、頷かざるをえなかった。

 

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


高嶋哲夫 [作家]

1949年、岡山県玉野市生まれ。1969年、慶應義塾大学工学部に入学。1973年、同大学院修士課程へ。在学中、通産省(当時)の電子技術総合研究所で核融合研究を行う。1975年、同大学院修了。日本原子力研究所(現・日本原子力研究開発機構)研究員。1977年、UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)へ留学。1981年、帰国。
1990年、『帰国』で第24回北日本文学賞、1994年、『メルトダウン』で第1回小説現代推理新人賞、1999年、『イントゥルーダー』で第16回サントリーミステリー大賞で大賞・読者賞など受賞多数。
日本推理作家協会、日本文芸家協会、日本文芸家クラブ会員。全国学習塾協同組合理事。原子力研究開発機構では外部広報委員長を務める。


連載経済小説 東京崩壊

この国に住み続ける限り、巨大地震は必ずくる。もし巨大地震が東京を襲ったら、首都機能は完全に麻痺し、政治と経済がストップ。その損失額は110兆円にもおよび、日本発の世界恐慌にまで至るかもしれない――。今後、日本が取るべき道は何か。その答えを探る連載経済小説。

「連載経済小説 東京崩壊」

⇒バックナンバー一覧