外資系高級ホテルで働いていた実話をもとにした物語『天国おじい』から一部を抜粋、再構成して紹介します。
真面目に働いていたはずなのに、思いがけない失業で借金を重ね、起業しようとするも資金を持ち逃げされて無一文となり、おまけに原因不明の皮膚病にかかったりで仕事もままならず……。
そこで人生一発逆転を狙って、自己啓発やスピリチュアルにはまりまくったタイチ。
しかし、おかげで人生が好転するどころか、借金してまでセミナーなどに通いつめ、つぎ込んだ結果、借金は600万円にまでふくれ上がった!「頑張れば結果が出るなんてウソだし、人生は不平等だ!」
そんなこんなで八方ふさがりになった主人公・タイチに、ある日突然、あり得ないことが起こり、以来、人生が好転していくことになったのです。
そのあり得ないこととは……死んだ祖父「おじい」の声が聞こえてきたのです!
その声は折に触れ、タイチの質問に答え、叱咤激励してくれるようになりました。
アルバイト先の高級ホテルで本当に出会った、本物のお金持ちたちとのエピソードなど興味深い話が随所に織り込まれた物語は、読むだけで人生を好転させるために必要なことが理解できます。

自分のことは自分で」が大切な訳

石川大智(いしかわ・たいち)
1975年生まれ。設計職として企業に就職するも自己啓発やスピリチュアル関連のセミナーや講座に通いつめ借金を重ね始める。2008年、リーマンショックの影響で失業。知人の裏切り、原因不明の皮膚病などの不運に次々見舞われ、さらに増える借金に行き詰まっていたところ、「成功するにはお金持ちの実態を知ればいい」と思いつき、2010年より外資系高級ホテルでアルバイトを始める。そこでのお金持ちたちの実態に、それまで信じてきた自己啓発やスピリチュアルのノウハウに疑問を持ち始めたところ、2011年、死んだ祖父との対話が突然始まる。この対話を紹介したブログがライブドアブログ「哲学・思想」カテゴリ1位を獲得。2016年にホテルを辞め、現在はかつての自分のように人生に悩む人々を対象にカウンセラーとして個人セッションやセミナーなどを主宰している。〔イラスト:©shoyu〕

 ホテルマンの仕事で個人的に苦手な作業は、ゴミの分別だ。
 ゴミはビン・缶・段ボール系・衣類系・その他に分別して処理するのだが、当然ながら部屋のゴミ箱は分別するようにはなっていないため、回収した後にこちらで分別する必要がある。
 でも、自分の出したゴミならまだしも、人さまのゴミを分けるというのは、そんなに気持ちのいいものではない。
 そんな中、いつもゴミを分別し、さらにそのゴミをドアの前にそろえて置いてくれるお客さまがいた。
 宿泊者リストによると、そのお客さまはサウジアラビアの方で、ハキームさま(仮名)。
 職業は「為替トレーダー」と書かれている。情報はこれだけだ。

 その日も、いつも通りの夕方4時頃、ボクはハキームさまのお部屋にゴミの回収に行った。
 今日もゴミを分別して出してくださっているのかな♪
 だが、お部屋の前に着くと、
 あれ? 今日はゴミが出ていない。
 このままドアをノックしようか、それとも何か事情やご都合があるのだろうから出直そうかと迷っていると、お部屋の中から物音が聞こえてきたのでドアをノックしてみることにした。

 でも、返事がない。

 しばらく待ったが応答がないので出直そうとしたところ、ハキームさまはドアを細く開けて顔をのぞかせてくれた。
「あ、ゴミね?」
「はい。よろしければ私が回収いたしますが」
「いや、大丈夫だよ。ちょっと待ってね。持ってくるから」
 そう言ってドアを閉めてしまったため、ボクはドアの前で待機することにした。
 1分経過。2分経過。3分経過……。
 もしかして、忘れてしまったかな?
 少し不安になってきた。
 だからといって、またドアをノックするわけにもいかない。
 じゃあ、5分待って出てこなかったら電話してみよう。
 そして、4分が経過……。
 その時、ドアからハキームさまが出てきた。
「ごめん、待たせてしまったね。本当に申し訳ない」
「いえいえ、いつも分けてくださってありがとうございます」
「日本はゴミを分けるよね。テレビで観て知っていたから」
「そうでしたか」と返事したボクは、驚いて言葉が続かなくなった。
 ハキームさまは足に障害があるようで、足を引きずっていたのだ。歩くのも本当に大変そうだった。

 そういうことなら、言ってくれればいいのに……。
 チェックインを担当したスタッフがルームサービス担当に伝えていなかったのか、シートには何も書かれていなかった。あとで書き加えておかないと。
 それにしても、歩くのもつらそうなのに、毎日ゴミを分別してドアの外にまで出しておいてくれていたなんて!
「お客さま、これからゴミは私たちが回収にお邪魔させていただきます」
「いや、気にしないで。リハビリにもなるから、これでいいんだ」
「しかし……」
「自分のことは自分でやる。申し訳ないけど、そう自分に言い聞かせているんだ。
 もしどうしても助けてほしい時はコールするから、その時は助けてくれないかな?
 ただ、今日は待たせてしまって本当にすまなかったね」
 そう言ってハキームさまはゆっくりとドアを閉めた。