ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
『大学図鑑!2013』正しい「受験生の親」入門講座
【第4回】 2012年4月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
オバタカズユキ[監修]

受験生の困った主張への対処法
「子供が聞いたこともない大学に
行くと言いだしたら」

1
nextpage

受験生の親たるもの、子供たちのあらゆる「主張」への対処法も学んでおく必要があります。ときに、大人では想像もできないようなことを言いだす子供だちに、人生の先輩として、誰よりもわが子のことを思っている親として答える必要があるのです。(監修/オバタカズユキ)

子供の主張=自主性は
どこまで許していいのか

 今回の「子供の主張」は、まさに子供の将来のことを思っている親だからこそ、答えに困る問題です。頭ごなしに反対すると、子供の自主性を否定することにもなるので、心して対処するべき主張といえるでしょう。

質問.
子供が「第一志望は××大にする」と、突然言い始めました。オープンキャンパスに参加して気に入ったようなのですが、正直、名前も聞いたことがないような大学です。
将来性はあるのでしょうか?

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
キーワード 
9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

生形大 著

定価(税込):2017年3月   発行年月:本体1,500円+税

<内容紹介>
日系企業から転職した外資系金融マンが明かすお金の知識。なぜ日本のサラリーマンは高収入でも貧乏なのか? なぜかお金が減ってしまう人は知っておきたいお金をふやす習慣。年収1億円の元外資系金融マンが明かす「お金に働いてもらう」、「フロービジネスではなく、ストックビジネスを増やす」方法がわかる!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、3/12~3/18)



オバタカズユキ [監修]

フリーライター、フリー編集者。 著書に『何のために働くか』(幻冬舎文庫)、『だから女は大変だ』(文藝春秋)、『大手を蹴った若者が集まる知る人ぞ知る会社』(朝日新聞出版)ほか。企画、編集、構成で携わった本は『大学キャリアセンターのぶっちゃけ話』(ソフトバンク新書)、『国のために死ねるか』(文春新書)、『クラッシャー上司』(PHP新書)など。


『大学図鑑!2013』正しい「受験生の親」入門講座

大学受験という魔物を前に、おびえたりテンパったりしてしまうのは、受験生本人だけではありません。親という名の「おうちの方」も、本人に負けず劣らず、うろたえたり悩んだりしていらっしゃるのではないでしょうか? そこで、本連載では「受験生の親」が陥りやすい危険なワナの存在や、勘違いを招かないようにする基礎知識、受験生の「困った主張」への対処法などをご紹介していきます。

「『大学図鑑!2013』正しい「受験生の親」入門講座」

⇒バックナンバー一覧