ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
『大学図鑑!2013』正しい「受験生の親」入門講座
【第4回】 2012年4月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
オバタカズユキ[監修]

受験生の困った主張への対処法
「子供が聞いたこともない大学に
行くと言いだしたら」

1
nextpage

受験生の親たるもの、子供たちのあらゆる「主張」への対処法も学んでおく必要があります。ときに、大人では想像もできないようなことを言いだす子供だちに、人生の先輩として、誰よりもわが子のことを思っている親として答える必要があるのです。(監修/オバタカズユキ)

子供の主張=自主性は
どこまで許していいのか

 今回の「子供の主張」は、まさに子供の将来のことを思っている親だからこそ、答えに困る問題です。頭ごなしに反対すると、子供の自主性を否定することにもなるので、心して対処するべき主張といえるでしょう。

質問.
子供が「第一志望は××大にする」と、突然言い始めました。オープンキャンパスに参加して気に入ったようなのですが、正直、名前も聞いたことがないような大学です。
将来性はあるのでしょうか?

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
キーワード 
10年後、君に仕事はあるのか?

10年後、君に仕事はあるのか?

藤原和博 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2017年2月

<内容紹介>
人工知能、グローバル化、就活の地殻変動… 約50%の仕事が今後10〜20年でなくなると言われる。 そのような時代を生き抜くためにはどんな力を身につけておくべきなのか? 教育改革実践家の著者が、高校生に語りかけるスタイルで仕事が消滅していく社会で「稼げる大人」になる方法を伝授する。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、2/12~2/18)


注目のトピックスPR


オバタカズユキ [監修]

1964年、東京都生まれ。上智大学文学部卒業。出版社勤務後、フリーライターになる。社会時評、書評、取材レポート、聞き書きなど幅広く活躍。著者は『何のために働くか』(幻冬舎文庫)ほか多数。


『大学図鑑!2013』正しい「受験生の親」入門講座

大学受験という魔物を前に、おびえたりテンパったりしてしまうのは、受験生本人だけではありません。親という名の「おうちの方」も、本人に負けず劣らず、うろたえたり悩んだりしていらっしゃるのではないでしょうか? そこで、本連載では「受験生の親」が陥りやすい危険なワナの存在や、勘違いを招かないようにする基礎知識、受験生の「困った主張」への対処法などをご紹介していきます。

「『大学図鑑!2013』正しい「受験生の親」入門講座」

⇒バックナンバー一覧