ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ずんずんの社内営業でずんずんいこう!
【第6回】 2012年4月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
ずんずん

第6話 誰得!!会社の飲み会のしのぎ方

1
nextpage

はじめまして。ずんずんです。
金融系企業でまったりとマネージャーをしています。
最近ブログやツイッターで、若い人から悩みを聞いてほしい! という連絡を頂くようになりました。全員に御会いしてお話を伺わせていただきたいところですが、ずんずんは分身もできなければ、そんなに金もありません……
でも、ざっくり聞いてみると、皆さん人間関係で悩んでいるようですね。ちょうどいいタイミングで連載の依頼をいただいたので、外資系勤務の時代に編み出した私なりの「社内営業術」の話をしてみましょう。 

5時です!!!
ずんずんさんが、久しぶりに定時で帰ろうと思い、いそいそと帰り支度していると、営業部長さんが、声を掛けてきました。

営業部長「ずんずん、今日は早いね! 飲みに行く!?

ずんずんさん「…へ?」

ずんずんさんは営業部長さんの言葉にぴたりと動きを止めました。

 な

 ん

 だ

 と

 !

 ?

ねぇねぇちょっとあたし久しぶりに定時で帰るんだけど、それ知ってる!?ねぇねぇねぇそれがどうして!どうして!今!このタイミングで飲みに誘うの?!ねぇねぇ!?

それ喜ぶと思ってるの!?

それって誰得なの!?

と、嵐の様な思考がずんずんさんを襲いました。
ですが、ずんずんさんもよく調教されたOL です。
顔で笑って、心で泣いて、

ずんずんさん「はい! 喜んで!!!」

と、気づくとにこやかに笑いながら、居酒屋の店員さんのようにそう答えていました。

次のページ>> オフィスは情報戦だ!
1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?

山本 一成 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年5月

<内容紹介>
最強の将棋AIポナンザの開発者が超重要技術、「機械学習」「深層学習」「強化学習」を解説。そのうえで「知能とは何か」という問への回答を示す意欲作です。自らの手で人工知能を創り、将棋名人と並ぶまでに成長させてきた著者が腹落ちしたことだけを書いているので、世界一やさしく面白い人工知能の本になっています。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、5/7~5/13)




ずんずんの社内営業でずんずんいこう!

自称ツイッターアイドルの「ずんずん」が、外資系投資銀行という戦場で磨いたサバイバル技術をネットスラング多用気味で解説します。若手の皆さん、社内営業をするなら、ここまでやらなきゃだめですよ!

「ずんずんの社内営業でずんずんいこう!」

⇒バックナンバー一覧