ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
短答直入

ネスレ日本社長兼CEO 高岡浩三
日本法人の営業利益率は16%
高収益支える商品ブランド力

2012年4月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

Photo by Masato Kato

──ネスレの2011年の売上高は、約7兆4600億円で前年比7.5%の実質増収となった。好調の要因は何か。

 世界すべてのエリアで、成長国のみならず先進国でも4.3%の増収を達成できた。増収増益に加えて増益率の成長も達成した。

 特にネスレ日本は、11年は過去15年でも最高の業績を達成。売上高は3.2%、営業利益は12.4%増加した。営業利益率も16%台半ばに達した。国内の大手食品メーカーの営業利益率の平均は約3%で、それに比べると高い水準だ。

──なぜ高収益を維持できたのか。

 強い商品ブランド力だ。ネスレの売上高の7割は、一つで1000億円以上の売上高を持つ強い30ブランドが支える。ネスレ日本も、インスタントコーヒーのネスカフェ、チョコレート菓子のキットカット、キャットフードのフリスキーなどのトップシェア商品を持ち、それらに企業ブランドよりも多額の投資を行っている。

 強い商品ブランドは利益確保にもつながる。小売りの現場で実際にコーヒーの値上げができたのは、同業の中でも当社のみだ。

──強い商品ブランドをいかにして育成するのか。

 むやみやたらに新商品を出すのではなく、全く新しいカテゴリーとなるような大型商品を数年に1回投入し、それに投資を集中させている。

 1人分ずつパックしたインスタントコーヒーからレギュラー並みの味のコーヒーが入れられるコーヒーメーカーのシステム「バリスタ」などがそれで、高いシェアを確保するとともに確実な収益源となっている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


短答直入

円高や原燃料高など、企業の経営環境が厳しさを増すなか、日本を代表する企業のトップはどんな成長戦略を講じているのか。話題の企業の内実に鋭く切り込むインタビュー。

「短答直入」

⇒バックナンバー一覧