世界投資へのパスポート
2018年6月4日公開(2018年6月10日更新)
バックナンバー 著者・コラム紹介
広瀬 隆雄

ナスダックが独歩高の理由は、好調なITセクター!
ズオラ、ズィー・スケーラー、カーボン・ブラック
など、次に注目すべき小型IT株4銘柄をズバリ紹介!

ナスダックの独歩高の理由は
約6割を占めるITセクター

 ナスダック総合指数が、年初来+9.4%と好調です。ちなみにS&P500指数は+2.3%、ダウ工業株価平均指数(NYダウ)は-0.3%ですから、ナスダック総合指数だけ抜きん出てパフォーマンスが良いことがわかります。

■ナスダック総合指数チャート/日足・6カ月
ナスダック総合指数チャート/日足・6カ月ナスダック総合指数チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示
■S&P500指数チャート/日足・6カ月
S&P500指数チャート/日足・6カ月S&P500指数チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示
■ダウ工業株価平均指数(NYダウ)チャート/日足・6カ月
ダウ工業株価平均指数(NYダウ)チャート/日足・6カ月ダウ工業株価平均指数(NYダウ)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

 なぜ、ナスダック総合指数は独歩高しているのでしょうか? その理由は、IT(情報技術)セクターにあります。

 ITセクターはナスダック総合指数の約6割を占めています。具体的には、以下のような銘柄になります。

○アップル(ティッカーシンボル:AAPL)
○アマゾン(ティッカーシンボル:AMZN)
○マイクロソフト(ティッカーシンボル:MSFT)
○アルファベット(ティッカーシンボル:GOOG)
○フェイスブック(ティッカーシンボル:FB)
○インテル(ティッカーシンボル:INTC)
○シスコ・システムズ(ティッカーシンボル:CSCO)
○ネットフリックス(ティッカーシンボル:NFLX)
○エヌビディア(ティッカーシンボル:NVDA)

 そのITセクターですが、足下の業績は極めて好調です。下は、先に発表された2018年第1四半期の1株当たり利益(EPS)がアナリストの予想からどれだけ上振れしたかを示したものです。

 ITセクターが+12%と、他をリードしていることがわかります。つまり、ナスダック総合指数のパフォーマンスが良かったのはITセクターの決算が良かったことが原因なのです。

 今後の予想ですが、ITセクターの今年の売上高成長率は+11.9%、EPS成長率は+17.2%が見込まれています。向こう12カ月のEPSに基づいた株価収益率(PER)は、18.4倍となっています。

保有している大型IT株は
焦って利益確定せずキープするするのが吉

 上に列挙したナスダックの大型IT株は、いずれも過去最高値の近辺で取引されています。つまり「相場の回転が効いている」のです。これは、短期売買で勝ちやすいパターンだと言えます。

 したがって、もし皆さんがこれらの銘柄をすでに保有しているのであれば、慌てて売らないでください。なぜなら過去最高値を更新すると売り物が減って株価が面白いように騰がることが多々あるからです。

最近IPOした小型IT株には
有望銘柄が目白押し!

 それらのハイテク大型株がコアであることは当然として、新たに注目して頂きたい銘柄群があります。それは、最近新規公開(IPO)された小型IT株です。

 なぜそれらの若い企業に注目するかというと、ここ数カ月にIPOされたそれらのIT株には有望な銘柄が目白押しだからです。以下にそれらを紹介します。

【ズオラ】
サブスクリプション・モデルの課金事務を代行

 ズオラ(ティッカーシンボル:ZUO)は、サブスクリプション(定期購読・購入)・モデルの採用を検討している企業に対し、クラウドを通じて課金事務を代行する企業です。

 サブスクリプションというのはイメージしにくいかもしれませんが、毎月料金を支払うことでサービスのアクセス権を得ることを指します。

 たとえば、ネットフリックス(ティッカーシンボル:NFLX)なら、毎月定額を払うことで見たい放題、映画やTVドラマを楽しむことが出来ます。同様に、スポティファイ(ティッカーシンボル:SPOT)では毎月定額を払うことで、聞きたい放題、音楽を楽しむことが出来ます。

 新聞、雑誌などの紙メディアも、いまウェブでの閲覧・課金モデルにシフトしているところが多いです。さらに最近では、オンラインサロンのような新しいビジネス形態もサブスクリプション・モデルを採用しています。

 ズオラは、セールスフォース(ティッカーシンボル:CRM)の幹部が独立して始めた会社であり、経験豊かなメンバーで固められています。

 先週発表された第1四半期(4月期)決算は、EPSが予想-40セントに対し-32セント、売上高は予想4897万ドルに対し5170万ドル、売上高成長率は前年同期比+60.1%でした。IPO後初の決算発表を無難に乗り切ったことで、先週金曜日は+19%の急騰を演じています。

■ズオラ(ZUO)チャート/日足・3カ月
ズオラ(ZUO)チャート/日足・3カ月ズオラ(ZUO)チャート/日足・3カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

【ズィー・スケーラー】
クラウド上でインターネット・セキュリティーを提供

 ズィー・スケーラー(ティッカーシンボル:ZS)は、インターネット・セキュリティーの会社です。同社はクラウドを通じてインターネット・セキュリティーをSaaS(ソフトウェア・アズ・ア・サービス)として提供します。

 かつて企業は、日常の業務で使うエンタープライズ・ソフトウェア(業務システム)を社内でホストしていました。しかし最近では、アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)のような外部業者を使う企業が増えています。それに応じてインターネット・セキュリティーもクラウドに移した方が良くなっています。同社はそのようなニーズに応えているのです。

 ズィー・スケーラーは、IPOして間もなく最高執行責任者(COO)が辞めました。普通、IPO後は同じ経営陣が最低3年間くらい続けるのが暗黙の了解となっていることから「何か悪い材料があるのでは?」と投資家を不安にさせています。

 ズィー・スケーラーは6月6日に決算発表する予定で、コンセンサスEPS予想は-8セント、売上高予想は4598万ドルです。COOが突然辞めたという経緯もあることから、まずIPO後初の決算がちゃんと市場予想を上回ったことを確認した上で出動したいと思います。

■ズィー・スケーラー(ZS)チャート/日足・3カ月
ズィー・スケーラー(ZS)チャート/日足・3カ月ズィー・スケーラー(ZS)チャート/日足・3カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

【カーボン・ブラック】
ビッグデータの圧縮技術に強みを持つ
インターネット・セキュリティー会社

 カーボン・ブラック(ティッカーシンボル:CBLK)も同じくインターネット・セキュリティーの会社です。同社の場合、まるで監視カメラのように全てのアクセスを常時モニターする手法でハッカーの動きを把握する手法を取り入れています。

 それを実現するためには膨大なアクセス・データを効率的に圧縮し、クラウドにどんどんフィードバックすることが必要になります。そのようなビッグデータの圧縮技術が同社のサービスをユニークなものにしています。

 カーボン・ブラックは6月7日に決算発表する予定です。IPOされて未だ日が浅いので、アナリスト予想は出揃っていません。

■カーボン・ブラック(CBLK)チャート/日足・3カ月
カーボン・ブラック(CBLK)チャート/日足・3カ月カーボン・ブラック(CBLK)チャート/日足・3カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

【ピボタル・ソフトウェア】
ソフトウェアの開発プラットフォームを提供

 ピボタル・ソフトウェア(ティッカーシンボル:PVTL)は、ソフトウェア開発を合理化するためのプラットフォームを、クラウドを通じて提供している企業です。言い換えれば、「ソフトウェア・エンジニアが作業するためのソフトウェア」を提供していると考えれば良いでしょう。

 ソフトウェアの開発サイクルが短くなりアップデートの回数が増えてくると、従来のやり方では更新が間に合わなくなります。そこで同社はソフトウェア開発のためのプラットフォームそのものをクラウドに置き、開発をモジュール化することでイテレーション(反復)をやりやすくしています。

 ピボタル・ソフトウェアの決算発表は、6月12日でコンセンサスEPS予想は-13セント、売上高は1.4億ドルが予想されています。

■ピボタル・ソフトウェア(PVTL)チャート/日足・3カ月
ピボタル・ソフトウェア(PVTL)チャート/日足・3カ月ピボタル・ソフトウェア(PVTL)チャート/日足・3カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

【今週のまとめ】
大型IT株に加え、最近IPOしたIT企業が狙い目!
ただしIPO後初の決算発表には要注意

 ナスダック総合指数は年初来パフォーマンスで世界の主要株価指数をリードしています。そのけん引役を果たしているのは大型IT株です。

 いまそれらの銘柄は調子がすこぶる良いわけですから、慌てて利喰う必要はありません。できるだけ粘ることです。

 それらの銘柄群に加えて注目して欲しいグループに最近IPOしたばかりの若いIT株のグループがあります。ここは有望な銘柄が目白押しです。

 ただ、IPO後初の決算発表はズッコケが出やすいので、決算発表前に先回りするのではなく、無事最初の決算をちゃんと出した後に出動してください。

【今週のピックアップ記事!】
「IPO株」の抽選に外れても、諦めるのはまだ早い! 新規上場後に投資をしても、株価が10倍超に上昇する「IPO株」の選び方と、10倍株の意外な特徴を公開!
メルカリIPOに今からでも間に合う証券会社はココ! 最短で口座開設申し込みの翌日には取引可能になる大和証券や野村證券、SBI証券でIPOに申し込もう!
【2018年8月1日更新!】

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

◆マネックス証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
3430銘柄以上
個別株:3110銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:60銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
米国株取引に力を入れており、取扱数3000銘柄以上は主要ネット証券では最大! 成行注文や指値注文のほか、逆指値注文、連続注文、ツイン指値(OCO注文)など、多彩な注文方法が使えるのも魅力だ。また「トレードステーション米国株 スマートフォン」なら、高機能チャートなど、多彩な機能を活用しながらスマホアプリから米国株の取引が可能! 現在、米国株取引手数料(税抜)を、最大3万円キャッシュバックするお得なキャンペーンを実施中!
【関連記事】
◆【マネックス証券おすすめのポイントは?】日本株手数料の低さ、ユニークな投資ツールが充実しているネット証券大手
【米国株投資おすすめ証券会社】マネックス証券の公式サイトはこちら
◆SBI証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1400銘柄以上
個別株:1030銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:100銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル
【ポイント】
住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、入出金手数料が無料など、便利な「外貨入出金サービス」が利用可能! ダウ・ジョーンズ社が発行する金融専門誌「BARRON’S(バロンズ)」の抜粋記事(日本語訳)や、モーニングスター社による「個別銘柄レポート」など、投資情報も充実している。
【関連記事】
◆【SBI証券のおすすめポイントは?】IPOの多さ&夜間取引、銀行との連携など独自サービスも充実!
◆「株初心者&株主優待初心者が口座開設するなら、おすすめのネット証券はどこですか?」桐谷さんのおすすめは松井、SBI、東海東京の3社!
【米国株投資おすすめ証券会社】SBI証券の公式サイトはこちら
◆楽天証券 ⇒詳細情報ページへ
米国株の取扱銘柄数 取扱手数料(税抜)
1300銘柄以上
個別株:920銘柄以上
ETF:250銘柄以上
ADR:120銘柄以上
約定代金の0.45%
※最低手数料5米ドル、上限手数料20米ドル

注)2017年9月25日現地約定分からの手数料
【ポイント】
新興国などの個別銘柄を実質的に売買できるADR(米国預託証書)の銘柄数が豊富。日本株と同じ取引ツール「マーケットスピード」でも取引可能で、10種類以上のテクニカルチャートを使うことできる。ダウ・ジョーンズ社の有名金融専門誌から記事を抜粋・日本語訳した「バロンズ拾い読み」も読める。
【関連記事】
【楽天証券おすすめのポイントは?】トレードツール「MARKETSPEED」がおすすめ!投資信託や米国や中国株などの海外株式も充実!
◆【楽天証券の株アプリ/iSPEEDを徹底研究!】ログインなしでも利用可能。個別銘柄情報が見やすい!
【米国株投資おすすめ証券会社】楽天証券の公式サイトはこちら
※ NYSE(ニューヨーク証券取引所)、NYSE Arca、NYSE MKT、NASDAQに上場する個別株 。
Special topics pr


ZAiオンライン Pick Up
[クレジットカード・オブ・ザ・イヤー2018]2人の専門家が最優秀クレジットカードを決定! 2018年版、クレジットカードのおすすめはコレ! おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較
ZAiオンライン アクセスランキング
1カ月
1週間
24時間
じぶん銀行住宅ローン 「アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」付帯サービスはプラチナカード顔負け!最強ゴールドカード 実力を徹底検証  アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・カード 「アメリカン・エキスプレス」が誇る、高いスペック&ステータスを徹底解説! 楽天カードはクレジットカード、楽天ポイントカード、電子マネーの楽天Edyの3つの機能を1枚に集約した三位一体型カード
ダイヤモンド・ザイ最新号のご案内
ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

高配当株 Best71
高利回り投資入門
株主優待ベスト104

9月号7月21日発売
定価730円(税込)
◆購入はコチラ!

Amazonで「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!

 

【高配当株Best71&高利回り投資入門】

桐谷さん×WWW9945さんの酔いどれ座談会! 
極意と注目株、時々ホンネもポロッ

買っていい×買ってはダメ
高配当株投資の6つのチェックポイント

割安すぎ大型株16
10万円未満株16
攻守備える万能株6
不況に強い増配株6
・激安の10倍期待株14
●JT&日産自動車は買いか?
●連続増配の高利回り株ベスト12
●Jリート&インフラファンドを狙え
初心者はココから! 配当株投資のキホン!
会社員こそ高配当株を買うべき理由

企業型&iDeCo確定拠出年金のお悩み相談室

iDeCoで買える全191本の投信をメッタ斬り! 

海外株超入門
米国や中国など高い成長力が魅力! 

FXで副業生活
元手10万円で月2万円も! 

<別冊付録>ドカンと1冊まるごと株主優待
最高利回り248%
権利確定する株主優待ベストセレクト104
桐谷さんプロの激オシ読者の1番人気株


>>「最新号蔵出し記事」はこちら!

>>【お詫びと訂正】ダイヤモンド・ザイはコチラ

Apple Pay対応のクレジットカードで選ぶ! Apple Payに登録して得する高還元率カードはコレ! 堀江貴文や橘玲など人気の著者のメルマガ配信開始! 新築マンションランキング